【気になる番組】「渡鬼」ファン必見!名物ドラマ 『渡る世間は鬼ばかり』スペシャル、2月16・23日(月)放送!

20150216wataoni

TBSの看板ドラマとして長年放送された『渡る世間は鬼ばかり』が復活! 2月16(月)、2月23日(月)の2週­連続で2時間スペシャルが放送予定です。久々に岡倉家の家族模様が描かれるこのスペシャル放送は歴代「渡鬼」シリーズファンなら必見!

TBSの開局40周年記念企画として1990年に放送を開始し、熱い支持を得て2010年の第10シリーズまで21年もの間、連続ドラマとしての放送が続いた『渡る世間は鬼ばかり』。シリーズ終了後も、単発のスペシャルが放送される人気ドラマです。

今回のスペシャルでは、岡倉大吉が突然の病で急逝したことで起こる岡倉家の人間模様が描かれます。

年の瀬に岡倉大吉が心筋梗塞で他界した。あまりに突然の出来事で5人姉妹は悲しみに暮­れるが、そろそろ今後のことも話し合わなければならない。次女の五月(泉ピン子)は、­大吉の遺産は一緒に生活をしていた長子(藤田朋子)が1人で相続するべきだと主張する­が、五月の娘・愛(吉村涼)は5人が平等にもらえる権利があるのだから遠慮することは­ないと母親をたきつける。
大吉が営んでいた「おかくら」は、主亡き後もタキ(野村昭子)や壮太(長谷川純)が切­り盛りし、営業を続けていた。ここで久しぶりに姉妹が顔を揃えた。大吉は遺言状を残し­ておらず、不動産と預金で約1億円の遺産は5人の娘たちに相続権があるが、五月は権利­を放棄し、長子に託すのが妥当だと姉妹たちに同意を求めた。店も一人前になった壮太が­いれば安心して任せられるし、そのまま続けることもできる。
しかし、当の長子は「おかくら」をやめると宣言した。料理が好きで、大吉の跡を継ぐ気­になっている日向子(大谷玲凪)に諦めさせるのにもちょうどいい機会だという長子。実­は店を居抜きで買ってくれそうな人もいるという。そうすれば、そのお金を5等分して1­人2000万円。弥生(長山藍子)、五月、文子(中田喜子)、葉子(野村真美)の4人­は、苦労して立派な料理屋にしたのにもったいないと反対するが、長子は聞く耳を持たな­い…。
(「あらすじ│TBSテレビ:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』」より)

5人姉妹の人間関係はどう変化するのか、大吉が残した「お食事処 おかくら」のこの先は……とあらすじを読むだけで一筋縄では解決しないトピックが多数。2週間続けての2時間スペシャルがどんな結末を迎えるのか、ぜひ放送を観て確認したいところです! 公式サイトで公開されている登場人物の家系図、相関図などをおさらいしてから視聴に臨むのもオススメです。

本日21時よりTBSで放送の『渡る世間は鬼ばかり』スペシャル放送に関して詳しくはこちら
トップページ│TBSテレビ:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』

<参考リンク>
渡る世間は鬼ばかり(公式Twitterアカウント)