アボカドの分量まちがえてない? 高級モス店舗「モスクラシック」の推しバーガーがサービスしすぎだった

mc03

シェイク・シャックがオープンしたり、マクドナルドがお高めの新商品を出してきたり、ちょい高級なハンバーガーが人気を集めていますね。

今回ご紹介するモスクラシックは、モスバーガーが展開する高級路線のグルメバーガーショップ。現在のところ、東京・千駄ヶ谷の1店しかありません。「ここでしか食べられない」っていう特別感、興味を引きますよね。

モスクラシック?

店舗の外観はこんな感じです。

mc06

mc05

mc07

ディナータイムはワインバーっぽいメニューで営業しており、店頭にもビンが飾られています。

mc01

ハンバーガーが1,000円、アボカドバーガーが1,250円と、なかなかのお値段……。ただし10時~17時のランチタイムなら、ドリンクとポテトが付いてきます。

mc04

ドリンクは、ホットコーヒーにしてみました。「光サイフォン」なるもので淹れてるとかで……、ガチでおいしいコーヒーでした。カフェとしての利用もアリですね。

mc03

メインはアボカドバーガー。背が高いバーガーに、金串が刺さった状態で出てきました。いかにも美味しそう! モスらしく、「バーガー用の袋」が用意されているので、手づかみでかぶりつけます。もちろん、ナイフ&フォークで上品にいただくことも可能。

mc02

バンズを開いてみると……このアボカド三昧っぷり。想定外の量のアボカドがドッシリと鎮座しています。

かぶりつくと、たっぷりすぎるほどのアボカドが存在感抜群。めっちゃクリーミーです。肉汁したたるパティも、通常のモスとは比べ物にならないレベルですが、アボカドが主役。

この体験に1,250円を払うのはアリなのではないでしょうか。写真を撮ってインスタにアップすれば、いろいろと反応もらえそうですし。

<参考リンク>
モスクラシック

【ご当地グルメ】東京下町の圧倒的肉バーガー『ワイルドアウト』を拝みにシェイクツリーへ行ってみた

2016041547

人形町の名店BROZERS’「タルタルバーガー」は食べたら直帰したくなる旨味レベル……

mitok15111007_03

記念にいっとく? 『クラシックフォアグラバーガー』なる上級フードをフレッシュネスで食べてみた

05