アマゾンで“買い”の薄型モバイルバッテリーはどれ? 人気6製品をガチ検証して見つけた超コスパモデル!

2016103001

薄型のモバイルバッテリーをお探し中だったりしませんか? どれを買おうかな〜とAmazon.co.jpをチェックしてみると……種類多すぎ! なので、とりあえず売れ筋の製品に絞ってガチ検証してみました。はたしてクチコミ評価どおりの性能なのでしょうか。おすすめ品を選んでみたので、お買い物のご参考にでもどうぞ m(_ _)m

今回はダークホース的な製品が見つかりましたよ。

検証したモバイルバッテリー

2016103002

Amazon.co.jpで売れ筋のモバイルバッテリーをピックアップした。選定基準は「薄型」「評価が100件以上」という比較的人気の高いもの。薄型とは、バッテリーセルにリチウムポリマー型を採用しているものと考えてよい。参考価格は2016年11月2日時点のもの。

検証方法

検証方法についてはこちらを参照

電流スコアについて

出力ポートへ保証した電流値と実測最大負荷(電源能力)との比率(%)。 例えば、2.0A供給のポートを備え、電源側の実測最大負荷が4.0Aの場合は 200(%)となる。スコア100を切ると公称値を満たしていないことになる。

容量スコアについて

実測容量と公称容量との比率(%)。例えば、公称値10,000mAhのバッテリーの実測が8,000mAhだった場合、スコアは80となる。実測容量にはDC-DC変換回路のロスも含まれているため、スコア100の製品はないと考えてよい。80前後が妥当、60を切る製品は相当に問題だ。

※本企画の検証結果はすべての商品で同様の結果、安全性等を保証するものではありません。個体差等により結果が異なる可能性を踏まえたうえで、購入する際の一材料として参考にしていただければと思います。また分解等の検証は専門知識を持つ者が行なっております。真似しないようご注意ください。

 検証結果まとめ

数値まとめ

thinmb_result00e

放電グラフ

thinmb_result00a

※今回チョイスした薄型モバイルバッテリーの中には普段の検証で行なっている2A放電に耐えられないモデルがあるため、放電試験の負荷電流は 1A(5Ω)で行った。したがって、放電時間の値は従来の2A試験の倍になっていることに注意。

電流・容量スコア

thinmb_result00d▲電流スコアは100を超えると優秀(公称値を満たす性能)、容量スコアは100に近いほど優秀(公称値に近い容量)。

以上の結果を踏まえると、ベストな薄型モバイルバッテリーは意外なダークホースに!?

結論が気になる方はいますぐこちらのページへ飛びましょう!

次ページからは製品ごとの検証結果となります。