スクエニ海外スタジオ作品『シーフ』『スリーピングドッグス』などが激安! Humble Bundleへ急ぐべし

2015022002

寄付してゲームがもらえるHumble Bundleでただいま「スクウェア・エニックス」特集を実施中です! もちろん『ドラクエ』とか『スクエニ』のあのスクエニですが、入手できるタイトルは海外スタジオの作品なのでご注意を。でもオトクなので、この機会を逃しちゃもったいないですよ。あと、公式には日本語をサポートしていないタイトルも、ググればわりと……。

1ドルで入手できるゲーム

ハゲおやじを操り無理難題な暗殺ミッションをこなしていく『Hitman: Absolution』。既存ファンからはシナリオ重視で従来の自由度が失われていると不満はあるものの、潜入プレイから無双プレイまで多彩な遊び方を許容する特徴は健在です。シリーズ入門としておすすめですよ。

『Supreme Commander 2』は未来が舞台のRTS。第1作が好評も、スクエニから販売された第2作は評判が微妙だったりしますが、複雑すぎた前作と比べてカジュアルになったのはRTS初心者にはありがたいかも。

『Hitman Go』は実はSteam用ではなくAndroid対応、いわゆるスマホゲーム。『ヒットマン』シリーズのスピンオフもので、かなり頭を使うパズルゲームに仕上げられています。敵キャラの動きの規則性を把握し、見つからないようにゴールへ。電車移動中の暇つぶしにかなりいいと思いますよ!

 

平均価格以上で入手できるゲーム

潜入型盗賊アクション『Thief(シーフ)』はご存知の人も多いですかね。初代作が1999年に発売された人気シリーズ。スクエニが版権を取得後にリブートされ話題となりました。やはり(?)凡作の誹りを受けたりしていますけど、従来作と比較した場合の話で、はっきり言ってこれから初めて遊ぶならまちがいなく面白いですよ! 既存のFPSでは味わえないプレイ感覚、好きですね〜。

アドベンチャー好きなら『Murdered: Soul Suspect』。幽霊となった元刑事の主人公が自分の死の秘密を明かすため、死後の世界をさまようという内容。幽霊の能力をいかした証拠品集めなど、システム的にかなりユニークで面白い。……でも、英語版のみ。アドベンチャーを英語を理解せずにプレイするのは厳しいですよね……。

『Deus Ex: Human Revolution – Director’s Cut』は壮大なストーリが魅力的なSFアクションRPG。FPSとかTPSの腕前が求められるので、難度はかなり高め。本作もスクエニが版権を取得して出したものですが、かなり評判は良く、続編が望まれている名作ですよ!

 

15ドル以上で入手できるゲーム

『Tomb Raider(トゥームレイダー)』……説明不要でしょう、もう。全DLC入りが8ドルで販売されたこともあるので、本作狙いで15ドルを払うのはちょっともったいないですね。

『Sleeping Dogs』は香港警察の潜入捜査官としてギャング組織トライアドを内偵を進めるオープンワールド型ゲームです。いわゆる『GTA』にインスパイアされた系ですが、香港の世界観やカンフーアクションなどの要素がかなり好評を得ていますよ。でも! こちらもグラフィック向上版のDefinitive Editionが7ドルセールになった実績もあったり、DLCの販売が停止中だったりと、ややお得感は薄いかなと。

というわけで今週のHumble Bundleは平均価格までの購入にとどめておくのがよいかと思います。オトクという点では。

<参考リンク>
Humble Bundle