イケアの激安充電池『LADDA』は買っても大丈夫なのか? ガチ検証してみたところ……

2016122441

家具屋さんのIKEA(イケア)では実は電気小物もたくさん取り扱っています。充電池(ニッケル水素)も売ってるんですよね。4本で799円という価格はかなり安い部類です。でも、こんなに安くて大丈夫なん? 安かろう悪かろう、とちゃうん?

というわけでガチ検証してみました。イケア製ニッケル水素充電池『LADDA』、その性能やいかに!?

 

イケア製単3形ニッケル水素充電池『LADDA 2450』799円(4本)

おすすめ度 ★★★★☆

2016122434

こちらがイケアで購入できる単3形ニッケル水素充電池『LADDA 2450』。4本セットで799円(税込)で購入できる。

2016122435

検証してみたところ……これは買いだ!

  • 1Ahあたりの単価は83.3円……ついに100円切り
  • 単純な1本単価は約200円でもっとも安い部類
  • 実測容量、持続時間、パワーいずれも上位クラス
  • 公称充電回数の約500回はやや物足りない

イケア製充電池はコストパフォーマンスが非常に良い(検証結果の詳細は下記)。まとめ買いしておいて損はないだろう。

2016122437

皮むき検証では、底部や正極のガス排気部の形状はFDKの2,450mAh充電池にかなり似ていた。

2016122442

『LADDA』は日本製(Made in JAPAN の記載あり)であり、国内メーカーは限られているので、製造元はFDKと考えられる。

放電グラフ(1.0V終始時間)

ikea_nimh07

ikea_nimh05

終止電圧1.0Vになるまでの『LADDA』の放電グラフ(2回のテスト中、好結果の数値を採用)。持続時間は271分11秒(3時間31分11秒)。過去に検証した充電池と比較しても上位クラスであることがわかる。

試験環境について

2016121448

本検証における放電試験の装置。放電完了とみなす終止電圧(電池の寿命となる電圧)は充電池などの二次電池の場合は1.0V。2.2Ωのセメント抵抗を電池につなげ、両端の電圧をデータロガーで計測。終止電圧が1.0Vになるまでの時間を計測した。

容量コスパは最強! 性能もトップクラス

容量単価はガチ検証史上最高

ikea_nimh02

過去に検証した充電池も含めて性能を比較してみたところ、1Ahあたりの単価は唯一の100円切り、しかも83.3円/Ahという大幅な記録更新ぶり。

性能は上位クラス!

ikea_nimh06

公称容量2,450mAhに対し実測容量は2,398mAh。上位クラスの容量であり、-2.2%の誤差であれば問題視するほどの乖離ではないだろう。

ikea_nimh04

60分後電圧は1.176V。可もなく不可もなし。

300円の充電器はおすすめしない

2016122438

イケアでは破格の300円でNiMH充電器が売られている。USBから電源供給するタイプのものだ。 回路はマイコン制御になっており、300円のわりに凝った作りになっている。ただし、入力はUSB 5V専用で、AC 100Vから供給できない。PCやUSB出力のACアダプタが必要になる。充電電流は500mAほどで急速充電タイプではないため、2,450mAhの電池であれば満充電には6〜7時間かかる(しかも2本ずつしか充電できない)。

2016122440

『LADDA』と一緒に購入する充電器としては、価格は1,500円になるが、4本を急速充電できる『LADDA充電器』を選択するのが良いだろう。

※本企画の検証結果はすべての商品で同様の結果を保証するものではありません。個体差等により結果が異なる可能性を踏まえたうえで、購入する際の一材料として参考にしていただければと思います。