コンビニ冷凍パスタ激戦区「ミートソース」はファミマが一歩リードか? 3社4種を食べ比べてみた

img_1175

お味の進化が著しいコンビニグルメの中でも、種類が豊富かつレンチンだけで本格的な味わいが楽しめちゃう冷凍パスタは手軽なランチに重宝しますよね。それに各社の製品を比べてみると、意外とお味に違いもあったりして……。ということで今回は、コンビニ各社のミートソース系スパゲティを食べ比べ。編集部でどれが一番ウマいか会議しました!

 

①セブン『ミートソーススパゲティ』(248円・384g・544kcal)

おすすめ度 ★★★★☆

img_1175

スタッフB

セブンのミートソースは、この価格でダントツの大盛りボリュームなのが嬉しいところ。パスタはもっちりとした太麺で、ミートソースは大粒の挽肉がたっぷり。食べごたえを求めるならコレかと! 味も安定のセブン冷食、普通に美味しく文句ナシです。

img_1354

スタッフA

ソースは牛肉の旨味と玉ねぎの甘味が程よく立ったオーソドックスな味付け。ワインとトマトで酸味強めにしっかりまとめていて美味しいです。後口にはチーズの風味も強く残り、ボリュームにしろハッキリした味わいにしろ、好みを選ばない鉄板の選択肢かと!

img_1357

②ローソン『スパゲティミートソース』(205円・275g・389kcal)

おすすめ度 ★★★☆☆

img_1688

スタッフB

ローソンは275gと控えめなボリューム。舞茸、エリンギ、茄子と具材が充実しているのが特徴ですね。挽肉は牛豚ミックスで、肉の旨味は大人しめかな? チーズとトマトの酸味を柱にしながらも、全体的にはさっぱりとした味付けだと思います。

img_1691

スタッフA

揚げ茄子がしっかりした量入っているのは嬉しいですね。きのこもシャキッとした歯ごたえが残ってます。ソースは野菜の旨味が沁みて、濃すぎない軽やかな香りと味わい。パスタ・ソースともに控えめな量なので若干物足りませんが、軽いランチや朝食なんかには丁度良い一品かと!

img_1694

③ローソン『粗挽き牛肉ときのこのラグー』(399円・290g・411kcal)

おすすめ度 ★★★★☆

img_1697

スタッフB

同じくローソンより、ほぼ同じ量だけど価格は税込399円と倍ぐらい高い一品がこちら。牛挽肉とマッシュルームの煮込みソースですね。ケチャップの甘味が効いたミートソースとは異なり、牛ときのこの旨味とワインで上品にまとめたテイストで、本格的で美味しいです!

img_1700

スタッフA

ハーブと赤ワインが強く出ていて、風味の良さならナンバーワン! レンジでチンして取り出すと、良い香りがぶわっと漂います。価格が高いだけあってお店で出るような本格感ですが、家庭的なミートソースが好きって人だと味も量も上品すぎて物足りなく感じるかも?

img_1704

④ファミリーマート『牛挽肉のボロネーゼ』(248円・300g・466kcal)

おすすめ度 ★★★★★

img_1195

スタッフB

ファミマは唯一、トリュフオイルのパック付き。さっと振りかけると、なかなか高級感のある風味です! 上品な香りの一方で、ソースは牛の旨味がビシッと立っていてかなり濃厚。ややオイリーでまったりした口当たりも特徴的で、これはかなりのアタリかも!

img_1401

スタッフA

挽肉の食感と香ばしさが抜けており、きのこの食感もバッチリ。しっかりした洋食店で出るような美味しいボロネーゼじゃないですか! ミートソースとは差別化された味付けで、パスタも若干細めです。同じ本格志向のローソン『きのこのラグー』に比べて価格もお手頃だし、これはコスパ高いと思います!

img_1405

結論:ファミマのボロネーゼが大当たり!

スタッフA

①セブンは大ボリュームで王道の味、②ローソンは具材たっぷりのあっさりテイスト。③ローソン『ラグー』④ファミマ『ボロネーゼ』のふたつは日本的ミートソースとは異なる本格路線でした。味も抜群かつ価格も安いファミマがかなりのアタリ商品で、編集部人気第一位はファミマ『牛挽肉のボロネーゼ』! コンビニの冷凍パスタ全体で見ても高ランクの美味しさなので、ぜひ一度試してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!