アマゾンの売れ筋モバイルバッテリーは本当に大丈夫なのか? 〜 10,000mAh級をガチ検証した

2015030311

スマートフォンの普及と、そのバッテリーの持ちの悪さから急に需要が高くなったモバイル充電バッテリー。さまざまな製品がある中、最近は10,000mAhオーバーの大容量バッテリーが続々と登場しており、とくにAmazon.co.jp(アマゾン)では大容量モデルがベストセラー商品の常連となっている状況だ。しかも意外と安い。これ、買っていいの? 何か問題あるんじゃないの? ……当然ながらそんな疑問が生じてくる。

となれば検証だ!

アマゾンのベストセラー商品3モデルと、秋葉原のパーツ街で購入した格安大容量モデル(8,000mAhオーバー)の計5製品を用意した。果たしてアマゾンの売れ筋はそれに相応しいデキなのか? アキバの激安モデルで安く済ませても問題ないのか?

買って損をしないように、その実力を徹底的にテストしてみたぞ!

モバイルバッテリーのガチ検証はこちらも!

神バッテリー降臨か!? 『cheero Power Plus 3 Premium』
2015年夏最新のガチ検証はこちら!
スティック型モバイルバッテリーはどれがおすすめ?

テストした製品

・製品① cheero Power Plus 3』13,400mAh(アマゾンで超人気)
・製品②GSK モバイルバッテリー』12,000mAh(アマゾンで超人気)
・製品③Anker Astro M3』13,000mAh(アマゾンで超人気)
・製品④ 『KMB-88 Series』8,800mAh(アキバで激安購入)
・製品⑤ 『POWER BANK』9,000mAh(アキバで激安購入)

検証① 負荷テスト

どれだけの電流(A)を流せるのか。流せる電流容量は大きいほど良いが、無駄に大きすぎても充電へ使われる電流には上限があり、バッテリーも不必要に大きなものが必要となる。電流は接続する機器の充電容量の合計値以上は欲しいところ。1.0Aと2.0Aポートがある場合は合計3.0A以上必要ということだ。

batterytest

検証② 容量テスト

2Aを何分間供給し続けられるのか。長時間供給できるものが大容量ということになる。定格容量との差はバッテリー容量のばらつきもあるが、仕掛けられているDC-DCコンバーターの効率によっても変わってくる。

検証③ 分解テスト

内部構造、部品を検証する。貧疎な部品が使われていないか、充電池の接続配列がどうかのほか、microUSBコネクタがしっかり固定されているかどうかもチェック。 同コネクタは小さく、挿入方向が決まっているので、無理な力が加わるとハンダが剥がれ、筐体の中に落ちてカタカタになってしまうことがあるのだ。

 

X5

ちなみ上記は2.5Ω(5V 2.0A)負荷での放電電圧グラフ。バッテリーに2.0Aの電流を流し続け、出力が4.5Vを切るまでの時間と電圧をグラフにしたものだ。製品①『cheero Power Plus 3』(=バッテリ7.4V構成)は電圧が安定し(上下の変動幅が短い)、かつ長時間供給ができているが、他の機種(3.7V構成)は電圧の変動が激しい。

というわけでガチ検証スタート!
結論だけ知りたい人は7ページへ

それ買っても大丈夫? 気になるガジェットをガチ検証シリーズはこちら!!

banner_gadget