ダイソーなら100円でiPhone用ライトニングケーブルが買える! でも200円モデルと何が違う?

2017010177

ダイソーのデジタル小物コーナーに行くと、Lightning(ライトニング)ケーブルの100円モデルと200円モデルが売られています。iPhoneの充電に必要なケーブルですね。家電量販店やコンビニで買うと1,500円くらい。安いとかいうレベルじゃない気が……。性能や耐久性はさておき、とにかく出費を抑えたいときの選択肢にいかがでしょうか。

 

100円と200円のライトニングケーブル、何がちがう?

100円ケーブルは「充電のみ」

2017010179

108円(税込)のライトニングケーブルは充電専用です。このケーブルでiPhoneとPCをつなげても、PC側でiPhoneは認識されない=iTunesでデータをバックアップすることはできないのでご注意を。ライトニング端子は片面仕様なので、挿す場合はUPSIDE面を上にしておかないと充電できません。ケーブルの長さは60cmです。

200円ケーブルは「充電・通信」対応

2017010118

216円(税込)のライトニングケーブルは「充電・通信」両対応です。通信対応とは、iPhoneとPCの接続に使えるということですね。iTunesでiPhoneのデータを管理している人はこちらのケーブルを選びましょう。ライトニング端子は片面仕様。ケーブルの長さは巻取りリール式で70cmです。

以下、両ケーブルの公称スペックなどまとめておきます。

  • ライトニング端子は片面仕様
  • Appleのライセンス品ではない
    → OSアップデートなどで使えなくなる可能性も
  • 1.5A以上の充電器には使用不可
    → 使えないわけではないが、使わないように
  • iPhone 5〜6s Plusに対応、iOS 9.3で動作確認済み
    → iPhone 7 / iOS 10.2 でも使用できた
  • 100円モデルは「充電専用」60cm
  • 200円モデルは「充電・通信用」リール式70cm
  • 中国製
  • 製造はE Core

片面仕様は面倒だけど、出費を抑えるならダイソー品で

2017010178

ダイソーのライトニングケーブルは片面仕様。両面(リバーシブル)使えるライトニング端子のメリットを否定する仕様ですが、そこさえ気にしなければ破格の値段でしょう。

*    *    *

data_lightningcable_02

mitok編集部では、1年ほど前にダイソーのライトニングケーブルをガチ検証しているのですが(上記表)、パッケージデザインがリニューアルされていたので、再度検証したいと思います(中身が変わっている可能性は低いけど)。データはまた改めてお届け予定です!