炊飯器だけで作る「カオマンガイ」が簡単うまい! タイ料理店のような肉たっぷりチキンライスの作り方

DSC_6568

色々な料理にアレンジが効く鶏むね肉。低カロリー高タンパクでおまけに安く、毎日のお料理に使いやすいメイン食材で何かと重宝しますよね。今回はそんな鶏むね肉を使って、タイ料理店などで見かけるチキンライス「カオマンガイ」を再現する簡単レシピをご紹介! 普段と違うメニューをさくっと用意したい日にオススメです。

 

鶏むね肉のカオマンガイ風 (2人分)材料

  •  1合
  • 鶏胸肉 1枚
  • 鶏ガラスープのもと 小さじ1
  • おろしにんにく 小さじ1
  • おろし生姜 小さじ1
  • スイートチリソース 大さじ2
  •  大さじ1

あれば……

  • ナンプラー 少々
  • きゅうり、トマト、パクチー、長ネギの葉など 適宜

鶏肉を米や調味料と一緒に炊飯器で炊き上げるだけ!

DSC_6569

お米を洗い、1合分よりちょっと少ない程度の分量のお水を張ります。

DSC_6570

炊飯器のお米の上から鶏むね肉、鶏ガラスープのもと、おろしにんにく、おろし生姜、お好みでナンプラーを加えてよくかき混ぜます。鶏むね肉はフォークで穴を開けてから、皮目を下にして入れるとモアベターです。あとはそのまま炊飯しましょう。

DSC_6584

炊き上がるのを待つあいだにタレを用意します。今回は一番ラクにそれっぽくなる、スイートチリソース(大さじ2)と酢(大さじ1)をあわせたチリソースだれを用意しました。もちろんお好みのレシピで味噌ダレなどを他に用意するとより豪華にいただけます。

DSC_6593

炊き上がったらお米を少し蒸らしておいてから、鶏肉を食べやすいかたちにスライスして盛り付けます。

こってりチキンライスが即完成! ひと味変えた手抜きメシとして

DSC_6596

あとは作ったタレを鶏むね肉にかければ、さくっと海南風チキンライスの味と香りを再現した一皿が完成! タイ米でなくとも炊き上げて染み込んだ鶏出汁の旨味がバッチリ濃く、いつもの料理とは一味違った美味しさになってくれます。

DSC_6602

鶏むね肉は冷凍保存してある場合、常温に解凍してから炊き上げるのがオススメ。もし失敗してお肉がちょっと固くなってしまった場合でも、タレの華やかな味わいだけで十分ご飯が進みまくります。

DSC_6604

付け合せにきゅうりやトマト、パクチーなどの野菜も一緒に添えれば本格感アップ。タレも複数の味を用意しておくと更に味わい豊かになって美味しいのですが、「面倒!」って人はスイートチリソースさえあればとりあえずOK。さくっとアジアンな風味を楽しめますよ。

DSC_6591

手軽に作れてがっつりお腹が満ちるレシピとして、飽きが来ない美味しさなので一人暮らしの自炊メニューにもかなりオススメ。鶏むね肉の活用法で迷ったら試してみてはいかがでしょう!