おいしい手抜きメシ! 「塩こんぶチャーハン」はマヨネーズで炒めるとパラッパラのコク増しに

様々な手抜き料理に活用できて何かと便利な塩昆布。白菜の浅漬けやチャーハンに使うのなんかが定番ですよね。今回は更に美味しくラクに作る方法として、塩昆布チャーハンをマヨネーズで炒める簡単レシピをご紹介。キューピー公式サイトの「レタスと塩昆布のパラッとチャーハン」を参考に、1.5人前の分量で試してみました!

 

マヨネーズで炒める塩昆布チャーハン(1.5人前) 調理時間約10分

用意するもの

  • 白米 300g
  •  1~2個
  • 塩昆布 12g
  • マヨネーズ 大さじ1.5~2

お好みで…

  • レタス、ウインナー、ネギ、ニラ、ニンニク、白すりごまなど 適宜

油を引かずにマヨでパラパラッと炒めるだけ!

フライパンにマヨネーズ大さじ2杯程度をざっくり引いて火にかけ、ご飯300g(お茶碗2杯分)を投入。ご飯全体にマヨが絡むように炒めていきます。ご飯は冷凍してある場合、事前に解凍しておくのがオススメです。

ご飯とマヨが馴染んできたら、塩昆布を10~12g程度投入します。これまた全体に味が染み渡るようにして、引き続き炒め合わせていきます。

最後に溶き卵を注いで、ご飯がパラパラッとするまで軽く炒めて完成! お好みで追加材料を入れる場合、レタスなどは加熱しすぎないようこのあたりのタイミングでさっと火を通すのがオススメです。

コクと旨味が普段と違う! ズボラ調理でも炒飯の味に変化が欲しい時に

油を引く手間を省くのと一緒に味付けも済んでしまうのがマヨネーズ炒め調理の魅力。炒飯といえば普段はごま油とかオイスターとか中華調味料で風味をつけるのが定番ですが、他にこれといった調味料を加えずともまろやか~なコクが出て、これはこれで結構イケる美味しさになってくれるんですよ。

塩昆布から染みたほんのりとした塩気も意外と好相性。マヨと卵の優しくまったりしたベースの味わいをピリッとシメてくれる効果アリです。具材はさっぱりとレタスなどを合わせるのがオススメ!

ちょっと味が足りないかな?という時は軽くニンニクと一緒に追加で炒めるだけでも、バランスが取れていい感じに仕上がります。お子さんのお弁当なんかにもお手軽美味しくて便利かもしれません。

普段の塩昆布活用レシピやお家のチャーハンの味に変化が欲しい時、超手軽に一風変わった仕上がりになるので、マヨネーズで炒めても結構イケるってことは覚えておいて損ナシですよ!