酪王カフェオレの1リットルパックかと思ったら『ロングパイ』だった

福島出張のおみやげでもらいました。『酪王カフェオレ ロングパイ』。福島県民のソウルドリンクと呼ばれる『酪王カフェオレ』の派生商品ですね。食べてみて、「おお、アレの味がする!」と感動するよりは、アレそっくりなパッケージのウケがいいおやつ、って感じでしょうか。福島みやげ候補にいかがですかね?

 

あれ? そんなでっかい『酪王カフェオレ』あったの?

こちらが福島出張みやげでもらった『酪王カフェオレ ロングパイ』。一瞬、酪王カフェオレの1リットルパックかと思いましたが(それすら東京で見たことないけど)、ロングイパイだそう。お値段は864円(税込)。

けっこうデカイですよね!

酪王乳業による商品ではなく、販売者は長登屋。ご当地お菓子を含め、さまざまなお菓子の製造を手がけるメーカーですね。

福島みやげにどう?

『酪王カフェオレ ロングパイ』は10本入り。けっこう詰め込まれている感じ。

開封するとすぐにわかる、カフェオレっぽい香り。ちょっと強すぎな気も?

長さは17.5cmほど。確かに長いんです。

まさに食感はザックリ&サクサク。表面はざらめのように砂糖がジャリジャリとしています。あの『酪王カフェオレ』の味か? と問われると、まぁ、カフェオレ風味をスティックパイにしたらこうなりますよね? という感じ。けっこうカフェオレ風味がビター方向に濃いので、甘すぎるわけでもなし。そういう点では『酪王ハイ・カフェオレ』的な味なのかも。

完全に『酪王カフェオレ』の味! というほどのインパクトはないものの、パッケージは完全にアイツの『酪王カフェオレ ロングパイ』。何かに使えそうな気もするし、福島みやげとしては十分に喜ばれる一品かと思います。え? 『酪王カフェオレ』って?という反応だったら、これは福島県民のソウルドリンクでして……という説明を添える感じで!

 

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!