コンビニ人気惣菜「サラダチキン」をチーズ焼きにすると旨い! 低糖質のまま濃厚でおかずに激推し!!

低糖質ダイエットに最適なコンビニのサラダチキンだけど、そのまま食べ続けているとさすがに飽きてきますよね。今回は手間なく美味しくサラチキをアレンジするレシピとして、「サラダチキンのチーズ焼き」をご紹介。コンビニ食材とお家にある調味料だけで超簡単にできるので、ぜひ試してみて下さい!

 

サラダチキンのチーズ焼き 調理時間約6分~

用意するもの

  • サラダチキン 1個
  • スライスチーズ 1、2枚
  • 粗挽き黒胡椒 適量

サラチキをスライスして、チーズを乗せてトーストするだけ!

まずはサラダチキンを食べやすいサイズにカットします。オススメなのは削ぐようにして斜めにスライスする方法。今回は3枚に切り分けてみました。

次に、カットしたサラダチキンの上にチーズを乗せます。今回はセブンプレミアムの『とろけるスライスチーズ』(税込183円)を使用しました。普通にシュレッドタイプのナチュラルチーズでももちろんOK! むしろサクッと焼き目を付けて美味しそうにするにはその方がいいのですが、セブンでよく見かけてなおかつ手軽ですので本商品をチョイスしました。

アルミホイルやクッキングシートなどに乗せて、トースター又はレンジのトースター機能、あればグリルなどで調理します。調理時間は機種によって異なるので、トースターであれば約4分から試してみてください。

トロ~リまろやかな美味しい一皿が即完成! サラチキ飽き解消にゼヒ

チーズが溶けてきたら取り出し、黒胡椒をたっぷり振りかけて完成! シュレッドチーズであればこんがり美味しそう~な焼き目も付くので、お好みで野菜などを添えてオシャレなお皿に盛り付けるとイイ感じです。スライスチーズだと見た目トロッととろけるだけですが、これが超簡単調理なのにお味はなかなか!

薄くスライスした鶏むね肉に程よく火が通り、サラダチキンの魅力である柔らかしっとり感はそのまま、そこにチーズの味わいが染みて、まさにアツアツとろける食感に! まろやか~に上品美味しい、ランチやおつまみにぴったりのちょうどよい一皿になってくれるんです。

セブンPBには黒胡椒がラインナップされていないので、別途用意が必要ですが、黒胡椒の風味とピリッとした刺激はチーズと好相性。まろやか感が辛味を包んでくれるのでがっつり振っても全然OK、シンプルに味の完成度を上げてくれます。

セブンの『サラダチキン(プレーン)』が税込213円、『とろけるスライスチーズ』が7枚入りで税込183円。ちなみに『とろけるスライスチーズ』は1枚あたり熱量が61kcal、炭水化物が0.3gでした。リーズナブルで即作れて糖質も抑えたままイケるサラチキアレンジレシピとしてオススメです!