セブン-イレブンの100円コーヒーはマシンによって抽出量が変わるのか?

セブン-イレブンの100円コーヒー、おいしさの安定ぶりはさすがですよね。でも、コーヒーメーカーの抽出量は安定していないような気が?

まぁ、少なく抽出されたって構わないんです。機械の状態によって抽出量に差は生じるはずですし。その差が、なんとなく不満を覚えるようなレベルになることはあるのかな、と。

10店舗で抽出量をチェックしてみました。

 

セブン-イレブン10店舗20杯をチェック!

mitok編集部の周辺にあるセブン-イレブン10店舗でセブンカフェのホットコーヒー(R)を2杯ずつ購入。1杯ずつ別のコーヒーメーカーで抽出し、カップを除くコーヒーの重量(g)を計測、抽出量としました。

※本企画における計測数値は2017年3月10日時点のものです。計測は簡易的な方法によるもので精密なものではありません。また、すべての店舗で同様の結果となることを保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。

同じ店舗でもコーヒーメーカーによって差がある

上記が10店舗で調べたコーヒー重量のまとめです。コーヒーメーカーによって抽出量に差はあるようで、店舗03では10店舗中最大となる10.52gの差が生じました。差が出る原因としては最初に挽く豆の量の違いもあるかもしれませんが、主なところでは湯量のバラつきでしょうか。平均重量は約163.5gで、店舗間では最大約15gの差が見られました。

写真は約10g分のコーヒー。このくらいの差なら気にしない?(気にしないなぁ)

ちなみに全20杯の最小量(151.49g)と最大量(172.21g)の差は約20g(写真)でした。そうなるとちょっと見過ごせない気がしてくる?

コーヒーの抽出量をグラフ化したものです。

まとめ

  • コーヒーメーカーによって抽出量に差はある
  • 同じ店舗でも10g程度の差が出ることもある
  • まったく差のない店舗もある(メンテしてるからかな)
  • 抽出量の平均値は約163.5g(最小約160.4g・最大約170.2g)
  • 抽出量差の平均値は約4.3g(最小約0.2g・最大約10.5g)

同じ店舗内における異なるコーヒーメーカー間の抽出量差は最大約10g。実際に手に持って比べないかぎり、おそらく気がつかないレベルかと。抽出量差を平均化すると約4.3gなので、さらに誤差みたいな数値に。

結論。今回チェックした感じでは、コーヒーメーカー(の状態)によって抽出量に差は出るもんだし、その差は不満を覚えるほどのレベルじゃない、ということで m(_ _)m

 

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!