ペットボトルの新BOSS『クラフトボス ブラック』はカジュアルな味わい! お弁当のお供にもよさげだぞ

缶コーヒーのBOSSが、ペットボトルのBOSSに! 新ブランド『クラフトボス』は職場で飲みやすいペットボトルタイプ。第1弾となる『クラフトボス ブラック』は5種のコーヒー豆をこだわりの製法でブレンドしたおいしさがウリだそう。2017年4月4日(火)の発売を前にちょいとお試ししてみましたよ!

 

現代のオフィスワーカーに合わせた『クラフトボス』降臨!

『クラフトボス(CRAFT BOSS)』は、従来の缶コーヒーではアプローチし切れなかった20〜30代のオフィスワーカーを狙った新ブランドだそう。ロゴデザインは、クラフトビールなどに見る“手作りのぬくもり”っぽさがありますね〜。

こちらは500mlタイプのペットボトル。嗜好品的なシルエットと色使い。ちょっと太めのボディで置いたときの安定感があります。

手に持ったときのサイズ感はこんな感じ。太くて持ちにくいってことは全然ないですよ。

製造工程、こだわりすぎでは……

『クラフトボス ブラック』は5種のコーヒー豆をブレンドしたもの。ブレンド済みの豆をドリップしているのかと思いきや、豆ごとに最適な焙煎度合い、挽き加減、抽出方法を実行し、最後にブレンドしているのだそう。なんとまぁ、面倒というか手をかけまくった工程で……。このあたり、非常にクラフトという名称に相応しい気がしますね。

というわけで飲んでみたわけです。

「ブラックコーヒーで500mlペットって、飲みきれないんじゃ!?」と思ってたんですけど、実際に飲んでみて納得。かな〜りスムース&ライトな味わいに調整されています。苦味や酸味はどこ行った? ゴクゴク飲める。

「澄みわたるコク」というキャッチは言い得て妙。ドッシリ濃いブラックコーヒーというよりは、お茶やスポドリのような感覚でカジュアルに飲めるペット飲料でしょう。これからの季節、お弁当のお供にもいいかもしれませんね!

『クラフトボス ブラック』は2017年4月4日(火)から発売予定。価格は160円(税別)。自販機での販売も予定しているほか、秋以降にはホット仕様も登場するようですよ。

6月には『クラフトボス ラテ』も登場!

『クラフトボス』シリーズからは『クラフトボス ラテ』も登場予定です。国産生乳と北海道産生クリームを使った「やさしいコク」がウリだそう。発売予定日は2017年6月13日(火)、価格は170円(税別)です。