ペヤング中毒者は「ふりかけ」も常習せにゃ!? やさしいスパイス感で妙に安心できる味わいだった

最近はチョコレート味などの個性派商品もリリースしている、まるか食品のペヤングカップ焼きそばシリーズ。今度はニチフリ食品とコラボして、ペヤング味のふりかけを発売してくれました。一体どういう味なのか……とりあえず試してみました!

 

ペヤングソースやきそば味ふりかけ』(140円・95kcal)

おすすめ度 ★★★☆☆

定価は税込140円。主にスーパーで売られており、安売りしているところもありますが、100円ショップのダイソーでも税込108円で置いてあるのをよく見かけました。パッケージからしてペヤング全開ですが、あくまでふりかけです。

ペヤングの飽きの来ない味を再現すべく、トマトや香辛料やビーフ調味料を加えたというソーステイスト。普通のふりかけには定番である海苔をあえて使わず、焼きそば風の味が強調されるようにしたとのことですが、ペヤングらしくあおさ自体は結構入っているようですね。

メインは通常のふりかけ同様にコーンスターチなどのカリカリした粒ですが、特徴はそこに胡麻と紅生姜とあおさをメインに組み合わせているところ。開封した時点でペヤングのソースらしい香りがふんわり漂ってきます。

いざ白米と一緒に頬張ってみると……意外とクセがない優しい風味! ベースはもちろんウスターソース風のベタッとした甘味なのですが、これを濃すぎないペヤング特有のマイルドな丸みのある味わいに寄せていて、白米にバッチリ合うテイストに仕上げているんです。

胡麻の旨味で手堅く脇を固めながら、紅生姜を強めに効かせているのもポイント。爽やかな酸味がプラスされて、ソースだけの単調な味になっていないのは嬉しいところです。あおさはさっぱりしていて主張が薄く、普通のふりかけのように海苔の風味が強調されていないので、確かにソースと紅生姜の香りがストレートに立っていて、「ご飯なのにペヤング味!」という不思議な納得感を生んでおります。

スパイス感はあまり無いふんわりとした味で、再現度を上げるべくプラスされた鶏そぼろも食感が埋もれており、全体的に「ご飯が超進む!」って感じじゃないのは評価が分かれるところかも? ノーマルなふりかけとは一線を画す個性はバッチリなので、ペヤングファンなら一度試して損ナシですよ!

 

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!