コストコ『さばサンドウィッチ』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコの食材コーナーに『さばサンドウィッチ』が登場していますね。パンにサバ(鯖)〜!? と思う人もいるかもしれませんが、トルコ・イスタンブールの名物フードとしてすでに実績十分の一品。これが思いのほかおいしいのです。肉厚の焼きサバってパンとよく合うんですね!

 

コストコPB『さばサンドウィッチ』1,280円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがコストコPB商品『さばサンドウィッチ』。5個入りで1,280円(税込)です。

サイズ感はこんなところ。5個のさばサンドにレモンとマヨネーズが詰め込まれています。

内容量は810グラム。使われている原材料は以下のとおりです。

原材料

  • さばの塩焼き
  • パン
  • マヨネーズ
  • 赤玉ねぎ
  • レタス
  • レモン
  • オリーブ油
  • レモン果汁
  • こしょう
  • V.C.
  • 調味料(アミノ酸)
  • 香料
  • 香辛料抽出物

さばとパン……うそ、こんなにおいしいの!?

焼き鯖をパンで挟んださばサンド。トルコ・イスタンブールの名物B級フードとして有名ですね。旅行で食べたことのある人も多いのでは? ボスポラス海峡周辺ではサバ狙いで集まる釣り人の姿が風物詩となっているそうで。まぁ、現在トルコで消費されるサバの多くはノルウェー産らしいですけど(余談)。

さばの切り身の塩焼きをバゲットにドーンと挟んだ、ワイルドなサンドイッチですね。一緒に挟んであるのはレタスと赤玉ねぎ。あ、けっこう青魚らしい香りが立ってきます。このあたりは好みが分かれそうですが、レモンやマヨネーズをつけることで緩和できますよ。

それにしても、フライになっているわけでもなく、あのさばの塩焼きがそのまんま!? 大丈夫かな? と思いつつ、まずは何もつけずに一口。これがパンに意外に合うんです! フォカッチャのようなパンにさばのほどよい脂が染み込んで、旨味がより感じやすいというか。

皮もついている状態ですが、まったく気になりません。あと、骨はしっかり外してあるので、安心してバクバク食べられます。ほんのり塩味のさばはけっこう肉厚で食べ応えもあり。

青魚のにおいが気になるという場合は、付け合せのレモンを一絞りすればサッパリと解消。さらに、酸味がパンの甘みを引き立てるという嬉しい効果もありました。

あと、レモンと胡椒を和えたマヨネーズも用意されています。これをつければ一番食べやすいのですが、マヨネーズ味になりがち。素材の味を楽しみたい場合は、あまりつけすぎないようにしましょう。

サイズは?

さばサンドの重量を量ってみたところ178グラム。ひとつだけでも十分に食べ応えがありますよ。

*    *    *

さばサンドの知識がないまま『さばサンドウィッチ』に遭遇すると、なかなか買う勇気は出ないかも。ご想像のとおり、青魚特有のにおいはありましね。でも、レモンやマヨネーズで緩和できるし、何より想像以上にこの組み合わせがおいしいんです!

さばの脂が(フォカッチャのような)パンに滲み込んで一緒に食べるときのあの風味……ハマりますよ。さらにもうちょっとだけトースターで焼いてみるのもオススメですっ。