セブンのカップ麺は野菜多めでいいね! 『かきたま拉麺』も『生姜タンメン』もランチにほどよしっ

最近プライベートブランドにてカップ麺の新作リリースが多めなセブンイレブン。3月14日には『かきたま拉麺』『生姜タンメン』が発売されました。リニューアル商品のようですが、以前はあんまり見かけなかったような? あらためて試してみました!

 

セブン『かきたま拉麺』(138円・299kcal)

おすすめ度 ★★★★☆

ほうれん草と椎茸が入ったかきたまラーメン。かきたまって春雨スープではお馴染みだけど、カップ麺ではそこまで多くないかも。野菜多めのヘルシーそうな一杯です。

一口啜ると、まず調味ごま油の香りがとにかく芳ばしい! 鶏豚ベースに魚介とジンジャーとペッパーを効かせたとのことで、全体のバランスはまずまず王道の塩ラーメン。さっぱり系かと思いきや、とろみと中華風の味付けでしっかりしたコクがあります。

麺は縮れのゆるい細麺で、スープの絡みも程よく油分もキツくない安定した美味しさ。しっかり中華感の一方で、かきたまのほのかな甘味とボリューミーなほうれん草の風味で優しい印象にまとめてくれてます。地味ながら安心感のある美味しさで、小腹に最適かと!

セブン『生姜タンメン』(138円・291kcal)

おすすめ度 ★★★★☆

シャキシャキ食感のれんこんに加えてキャベツ、ナス、赤ピーマン、生姜、ネギを使用したという、これまたバッチリ具沢山の一杯! 麺がちょい太めで、熱湯4分と待ち時間もちょっぴり長めです。

中でも茄子は大きめでボリューム感は十分。スープは豚骨ベースに香味野菜と海鮮を利かせており、野菜の旨味で豚骨のとがりが抜けた、コクがありながらも優しくまろやかな味わいになっております。それでいて後口は生姜の爽やかさが効いて、全体にはさっぱり感が際立っているのが完成度高い!

麺はやや平打ち風に太くてコシが強め。しんなりとした茄子、シャキシャキのキャベツとレンコンも食感にアクセントを加えて、太麺と野菜のボリューム感と満腹度はミニカップ麺にしてはなかなかのものです。

豚骨と野菜の合わせ方がどことなくちゃんぽん風のバランスで、優しいコクがハマる美味しさ。これまたクオリティ高めで、カップ麺好きなら試して損ナシの一杯となっております。リニューアルではじめて見かけたという方、どちらもイケるので一度いかがでしょうか!

 

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!