おいペヤング、これ…油そばじゃね? 『背脂MAXやきそば』はアブラマシマシ感すごいけどこってり旨い

『パクチーMAX』『にんにくMAX』などの変化球テイストな新作を次々発売している、まるか食品のペヤングやきそば。今度は「背脂を極限に使用した濃厚コッテリ系やきそば」を謳う『ペヤング背脂MAXやきそば』との商品が登場しました。一体どんなお味なのか、早速試してみたところ……

 

ペヤング 背脂MAXやきそば』(221円・696kcal)

おすすめ度 ★★★★☆

色数の少ない独特なパッケージデザインが逆に目を引くこの商品。価格は税込221円、熱量は696kcalと、アブラを強調するだけあってなかなかのカロリーです。

調理方法はかやくをあけた麺に熱湯を注いで3分待って湯切りして……といつもの通り。かやくはメンマとナルトが多めなのが特徴的です。

湯切りを済ませてソースをかけた時点で、醤油とニンニクと油が結構強めに香ってきました。職場で食べるのはちょっと気が引けますが、これはいかにも濃厚そう……!

かきまぜてみると、いつものペヤングとは趣が異なる感じ。背脂とは言いながらもラーメン店でお馴染みのアレではなく、トロッとした油分が強い醤油ダレで、原材料を見ると真っ先にラードが来てます。やきそばというよりは油そばですね。

一口いただくと、油分でツヤツヤギトギトな麺は口当たりからしてもう強烈! ガラスープとニンニクとラードの旨味にがっちりと支えられた超濃厚な醤油味で、ペヤング特有の油揚げ麺の風味もマッチして超ジャンキーなコクが迸ってます。

この油の量、中年以上の男性には体に毒なのでは? との心配もありますが、意外とクドすぎず出足はスルスル啜っていけます。8割程度食べた頃には「やっぱ油分ヤバイ」と若干もたれますが、完食には問題ナシ。メインの味付け自体がシンプルな醤油テイストなので、アブラ感全開だけどモッタリせず、気づけば癖になってる美味しさなんです。

ちょっと珍しいカップ油そばの中では、完成度はかなりのもの。強烈なパンチのある味わいで、たっぷり入ったメンマのシャキシャキ感も結構嬉しいです。パクチーやニンニクが全開なヤツよりも、まだしも好みを選ばないド直球のジャンク感かと。高カロリーやラード感がお嫌でなければ、挑戦してみてはいかがでしょう!