美味しい「とうふ丼」ならタモリ流がおすすめ! 温泉卵と野菜で簡単がっつり男メシにもなるぞ

春からの一人暮らしで自炊慣れしてないし、食費もなるべく節約したい……って人にオススメなのは、豆腐を活用したレシピ。安くて美味しくてお腹にたまる良食材で、忙しい時のズボラ飯にも便利なんです。

そんなときに思い出したいのが、料理好きで知られるタレント・タモリさん考案の「豆腐丼」レシピ。がっつり食べたい時はこんな感じかな? というアレンジも加えて試してみました〜。

 

タモリ流豆腐丼 調理時間約20分

用意するもの

  • 白米 お椀1~2杯分
  • 豆腐(絹でも木綿でも) 半丁~1丁
  •  1個
  • たくあん(あればいぶりがっこ) 100g
  • ネギ 1/4本
  • 醤油 大さじ1~2

あれば……

  • ごま 少々
  • 刻み海苔 少々
  • みょうが 1個

温泉卵を作って野菜を切って…豆腐+ご飯に乗せるだけ!

まずはお鍋に卵が浸かる程度のお湯を沸騰させて、卵を入れて8分程度置いて温泉卵を作ります。その間に野菜を切っておきましょう。たくあんは細かく刻んで、ネギは小さく輪切りにして、あればミョウガは輪切りか千切りで。ざっくりでOKです!

炊いたご飯を丼に盛ったら、その上にぐちゃぐちゃに潰すか細かく切るかしたお豆腐を、どばーっと乗せちゃいましょう。

続けてたくあん、ネギ、ミョウガを乗せて、お好みで刻み海苔や胡麻をふりかけます。仕上げにお醤油を大さじ1~2杯程度回しかけて、トッピングに温泉卵を乗せれば即完成です!

ヘルシーなシャキシャキ&さっぱり美味! 量を増やせばガッツリ男メシにも

テレビで紹介されたタモリさんのレシピでは特に分量が決まっていないので、今回は男性の一人飯を想定した満腹大盛りボリュームならこれぐらいかな、という分量で作ってみました。写真では卵を茹ですぎて半熟でなく茹で卵になっちゃってますが(泣)。更に手を抜くならスーパーやコンビニで温泉卵を買ってくるのがオススメです。

醤油のかかった崩した豆腐の優しいベースに、コリコリしたたくあんの甘味とシャキシャキしたネギの食感が加わって、食べごたえがあると同時に濃すぎず薄すぎずのほどよい味わいが楽しめるこのレシピ。さっぱりヘルシーなので少量作ってダイエット中のメニューにもいいですし、食欲の無い暑い時期にも覚えておいて損ナシです。

ぐちゃぐちゃの豆腐に半熟卵が絡んでビジュアル的にはビミョーなレシピなのですが、特にミョウガをプラスすると、卵のコクに爽やかな香りと控えめな辛味が加わって、後味すっきりで後を引く絶妙な味わいになってくれるんです!

豪快にお豆腐を使った簡単レシピとして、メニューを考えるのが手間な時にとりあえずざっくり作れるお手軽さが一人暮らしにもぴったり! もとのレシピに忠実にいぶりがっこを使うもよし、お好みで分量を調整してよし。レパートリーのひとつに加えてみてはいかがでしょう!

 

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!