コストコ『チキンフォー』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコの惣菜コーナーで見かける、バケツ的な容器にスープたっぷり食材のひとつ『チキンフォー』。1.7キログラムほどの内容量はいったい何人分に相当するのか? とちょっと戸惑いますけど、ボリューム感だけでコストコ的で、あとのお味は実にあっさりと食べやすい。

胃にやさしいものを食べたいとき、ラクチン調理食材がほしいとき、ちょうどよさげですよ?

 

コストコPB『チキンフォー』998円

おすすめ度 ★★★☆☆

このバケツのような見た目の商品がコストコPB商品『チキンフォー(Chicken Pho)』。お値段は998円(税込)です。

スープ容器と具材(フォーやチキン、野菜等)がセパレートされてセットになっています。

サイズ・内容量は?

ちょっとしたバケツって感じのサイズですね。内容量は公称値で1,720グラム。軽く1キログラム超え。

原材料は?

使われている原材料は以下のとおりです。

  • チキンブロス(チキンストック、食塩、その他)
  • フォースープベース(チキンストック、イワシエキス、その他)
  • 蒸し鶏
  • ライスヌードル(白米、タピオカデンプン)
  • 玉ねぎ
  • ミニトマト
  • 赤玉ねぎ
  • ライム
  • コリアンダー
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 増粘剤(カラギナン)
  • リン酸塩(Na)
  • 酸味料
  • 香料
  • 原材料の一部に小麦、卵、大豆を含む

調理方法は?

調理方法は簡単。玉ねぎ入りスープを鍋にあけて沸騰したら、鶏肉、トマト、赤玉ねぎを加えます。

具材が温まってきたらフォーを投入し、食べやすいやわらかさになったらOKです(フォーはちょっと固めが好き、という方は別皿に取り出してもよいかも)。

あっさりとしたチキンスープが沁みる!

コリアンダーをちょっと添えて、ライムをかけたら……いや、ライムはいったんあとにしてもよいかと。チキンブロスベースのスープに、トマトのやさしげな酸味もあって、ほどよいバランスの味わいですし。塩気のある旨味がじんわりと広がりつつ、後味はあっさりとした飲みやすさ。ちょっとおとなしすぎるくらいかもしれませんが、胃がちょっと荒れているときなんかは実によく沁みる風味ですね〜。

鶏肉は比較的やわらかジューシー系。それなりに量があるので、お腹も満足できるかと。ライスヌードル(フォー)は温め加減次第ですけど、なめらかでやわらかな食感。他の具材といっしょに溶けるように食べられますね。

基本的にあっさりとしているチキンフォースープなので、最終的にはライムを絞るなどしてお好きな味わいに仕上げていきましょう。ライムの酸味とさわやかな香りが加わったほうが、チキンブロスの旨味も強まる感じがしますよ。

*    *    *

この『チキンフォー』は、コストコ独自の味わいというわけではないのですが、コストコらしさは具材を含めて調理しやすい便利セットになっている点にあるのかも。スープの量がけっこう多いので、さらに別途用意したフォーを追加してあげてもいいですね。