作ったら旨かった! 平野レミの自由すぎるレシピ「アボカドあっちっチーズ」は覚えておきたいズボラ飯

2017年2月14日放送の『マツコの知らない世界』にて、自由すぎる料理で話題の料理愛好家・平野レミさんがご出演。「ざっくりなのに絶品」な料理のレシピを数々ご紹介されてましたが、なかでも超ラク~につくれる一品「アボカドあっちっチーズ」を実際に試してみたところ……確かになかなかイケるズボラ料理でしたのでご報告いたします!

 

アボカドあっちっチーズ 調理時間約10分

用意するもの

  • アボカド 1個
  • ピザチーズ 適量
  • タバスコ 少々
  • ケチャップ 少々

アボカドを切ってチーズの上に乗っけて焼く……だけ!?

まずはアボカドを食べやすい大きさにカットします。番組では7~8mmの薄切りにされておりましたが、形とサイズはわりとお好みでOKです。

次にフライパンにチーズを広げます。量は明示されてませんでしたが、だいたいフライパンの底が埋まるぐらい、たっぷり入れる感じでしょうか。といっても、そこまで厚くは敷かなくても大丈夫です。

その上にアボカドを散らしたら加熱していきます。数分してチーズに焼き色がついてやや固まり、フライパンの上で滑る程度になったら即完成! できるだけ早めに食べるほうが美味しいので、ささっと準備しちゃうのがオススメです。

アボカドとチーズがアツアツトロトロ! 手軽な洋風おつまみに

え、これだけ? と何か手順を飛ばしたようで逆に手が止まっちゃいますが、加熱したチーズがプチプチ弾けてトロトロになっている状態で急いで食べるのがオススメ! 最後にタバスコを少し混ぜたケチャップをかけて、早速いただきましょう。

ふわっと柔らかさを増したアボカドと、とろ~り糸をひくチーズが組み合わさって、アツアツトロットロの食感と強烈な香ばしさがたまらない! 番組でマツコ・デラックスさんが評したとおり、超シンプルなのに妙に凝ったチーズ料理でも食べているような気分になれる、不思議に新鮮な味わいがあります。

最初の熱いうちが飛び抜けて美味しいですが、冷めてきても十分美味。固まって焼き目のカリカリ感が際立ってきたチーズの深い風味と、アボカド特有のさっぱりした旨味の相性を、バッチリ味わうことができます。

チーズが強すぎてアボカドの風味が後ろに引いちゃうのはちょっと気になりますが、ケチャップとタバスコの刺激で更に飽きない美味しさに仕上がり、一人でもあっさりとたいらげてしまえる一皿に。がっつりと満腹度が高い個性派洋風おつまみとして、超簡単なのに優秀な一品かと思いますので、皆さんも試してみてはいかがでしょう!