iBooks Storeで『非ネイティブの英語術』無料配信中!〜 1500語で通じるようになるブロークンイングリッシュ

2015031104

ただいまiBooks Storeで電子書籍『非ネイティブの英語術』(週刊東洋経済eビジネス新書)が無料配信中ですよ! 世界的に見れば、英語を話す人の7割が非ネイティブ、つまりブロークンイングリッシュ=グロービッシュ(と言うらしい)。それを前提とした英語学習に必要な語彙は1,500語になるとか! そんな従来の完全性を求める英語学習とは一線を画す学習方針を教えてくれる一冊です。

英語の必要性に迫られている方、勉強の成果が上がらない方、ちょっと英語についての考え方を変えてみませんか? 英語に苦労したというノーベル賞受賞の中村修二教授のインタビューも掲載されています。

ちなみに本書は『週刊東洋経済』2010年9月18日号巻頭特集の32ページ分を抜粋したものということで、あっさり読めそうですね。

<目次>

ブロークンイングリッシュこそ世界の公用語
Interview “グロービッシュ”提唱者 ジャン=ポール・ネリエール
新ビジネス英語はここが違う! グロービッシュの5つのポイント
受験英語の発想から脱却せよ! グロービッシュを学ぶための7カ条
ドメドメ日本人社員「海外経験なくても大丈夫。私の学習法を教えます」
Column 楽天、ユニクロの先を行く“グローバル企業”があった
外資で働くドメドメ社員「ボスや同僚は外国人。私のサバイバル英語術」
Interview カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授 中村修二
カリスマ予備校講師が薦める 本当に役立つ勉強法と教材
グロービッシュの基本単語1500

(iBooks Storeより引用)

<参考リンク>
iBooks Store|非ネイティブの英語術