ビールの糖質どれくらい? コンビニ缶ビールで糖質量ランキングを作ってみた

先日、主要コンビニで買える缶ビールのカロリーランキングをお届けしましたが、同じ銘柄で糖質ランキングを作ってみました。

だいたいの缶ビールでは栄養成分表示に糖質量(100mlあたり)を記載していますよね。基本的には糖質量が多ければカロリーも高くなる傾向なので、カロリーランキングと大幅に変わるわけではありません。それでも糖質基準で缶ビールをチョイスしたい場合はご参考にどうぞ m(_ _)m

 

チェックした缶ビールについて

今回チェックした缶ビール(生ビール・発泡酒・新ジャンル含む)は、主要コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)に行けば「だいたい売ってるな〜」とmitokスタッフが判断した銘柄の350ml缶をピックアップ。糖質量はメーカー公式サイトまたはパッケージ記載の情報をもとにしているため、非公表の銘柄は除外しています(2017年5月25日時点)。

【350ml缶ビール】糖質量ランキング

本ランキングは糖質量の順位に加え、カロリーの順位も併記しています。だいたい高カロリーなら糖質も多めですが、中にはそうとは限らない銘柄も。ちなみに炭水化物や糖質、糖類などの表記の関係について以下にまとめてみました。

  • 炭水化物 = 食物繊維 + 糖質
    • 糖質 = 糖類(単糖類+二糖類)+ 糖アルコール + 三糖類以上の多糖類

炭水化物の一部が糖質、糖質の一部が糖類。糖類は砂糖やぶどう糖、果糖などを指しますね。

糖質が多いのは『ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉』100mlあたり4.6g

今回チェックした銘柄ではサントリー『ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉』が 100mlあたり4.6g(350ml缶では 16.1g)でもっとも糖質の多いビールという結果に。100mlあたり4.6g は 2位(3.9g)以下を大きく引き離す数値ですね。ちなみに本銘柄はカロリーでは 2位でした。

ちなみに糖質が 16.1g というとピンと来ないと思いますが、ローソンのスイーツで見ると『プレミアムロールケーキ』(写真下)は 13.0g、『カスタードシュークリーム』は 16.4g です。

▲『プレミアムロールケーキ』は 217kcal、糖質 13.0g。

改めて糖質量(350ml缶)ランキングトップ5をチェックしてみましょう。

  • 【第1位】サントリー『ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉』16.1g
  • 【第2位】セブン-イレブン『セブンゴールド 金のビール』13.7g
  • 【第3位】アサヒ飲料『クリアアサヒ プライムリッチ』13.3g
  • 【第3位】サントリー『ザ・プレミアム・モルツ』13.3g
  • 【第5位】ローソン セレクト『ゴールドマスター』12.3g
  • 【第5位】サッポロビール『ヱビス 華みやび』12.3g
  • 【第5位】サッポロビール『サッポロ 麦とホップ The gold』12.3g

なお、糖質量の平均値は 100mlあたりは約2.8g、350ml缶では約9.8g でした。