【気になる番組】深海のロストワールド(BSプレミアム) 〜 ダイオウイカ撮影の潜水艇がニューギニア深海に挑む!

2015031610

ダイオウイカの撮影に成功して大反響を呼んだNHKの深海プロジェクト。その最新作『ザ・プレミアム 深海のロストワールド 追跡!謎の古代魚』がNHK BSプレミアムで2015年3月21日(土)21時30分から放送されます! ニューギニア島の深海で目撃する「生きた化石」の数々って……これは見たい!!

日本ではNHKにしか挑戦できなさそうな深海プロジェクト。いまだ謎に満ちた世界である深海を撮影するチャレンジングなドキュメンタリ番組で、とくに2013年1月に放送された「世界初撮影!深海の超巨大イカ」はド迫力のダイオウイカ(いたのか!)をとらえて視聴者を釘付けにしたのは記憶にあたらしいところです。

そんなプロジェクトの最新作「深海のロストワールド」で深海調査に挑むのは、インドネシア・シーラカンスを発見したマーク・アードマン博士。最新の潜水艇に名うての海洋学者が乗り込むというだけで話題性抜群ですが、さらにいまだ調査が進んでいないニューギニアの深海に潜るとあっては、きっと何か大発見があったに違いありません!

気になりますね〜。「聖堂のような洞窟」の奥に太古より姿を変えていないさまざまな生物が姿を現すのだとか。これらの様子を4Kカメラでキャッチ。ラストダイブで見たこともない謎の魚に遭遇!? そんなテレビ的に都合の良い展開が待っていたのでしょうか。これは見届けねばなりませんぞ!

太平洋・赤道直下のニューギニア島で、初めての本格的深海調査が始まった。調査に挑むのは、インドネシアでシーラカンスを発見した伝説の海洋学者、マーク・アードマン博士だ。サンゴ礁の外側の壁にそって数百m潜行。そこには巨大な洞窟が無数に広がっていた。オウムガイ、ウミユリなど、古代から姿を変えていない「生きた化石」が次々姿を現す。さらに地元漁民からは、古代魚「シーラカンス」の目撃証言まで飛び出し、博士はさらなる航海へと旅立つ。さあ、豊穣のサンゴ礁から、深海に潜むロストワールドへ、博士と共に潜行開始!

(「NHKどーがステーション」より引用)

<参考リンク>
NHK|ザ・プレミアム 深海のロストワールド 追跡!謎の古代魚