無限に食べたいおつまみ「海ぶどう」はコストコがコスパ最強か! そして“アノ悲劇”を防ぐ保存方法について

沖縄料理の居酒屋などでよく見かける「海ぶどう」。グリーンキャビアとも称される海藻で、プチプチした食感と自然の塩味(海の味!)がお酒のおつまみとしても最高! ……なんですが、お値段が高めなのが難点。沖縄物産館などで買おうとすると80gで1300円とかするんですよね。

でも、コストコならたっぷり入って激安価格! 憧れの海ぶどう丼なんかもできちゃいますよ!

 

コストコ『沖縄海ぶどう』1549円(税込)

おすすめ度 ★★★★★

コストコの海産物コーナーで売られている『沖縄海ぶどう』。四角く深めのパッケージになっています。お値段は1549円(税込)でした。

フタをあけたところ。みずみずしい房たちが大量に!

ボリュームは? 内容量は?

サイズ感は、両手で包み込むように持てる感じ。

100gあたり518円で、299g入っています。コスパがよすぎて、先月、沖縄物産館で80gを1080円で購入したスタッフが涙目になっていました。

ちなみに、100gでこれくらい。この3倍の量があるわけです。

保存方法は常温! 冷蔵保存は厳禁

パッケージに「常温保存」とかかれているのを決して見逃さないでください。もし、海ぶどうを冷蔵庫に入れてしまうと、大変なことになります。

上の写真の左側の3房は、冷蔵庫に一晩入れてしまったもの。ご覧のように、てきめんに萎んでしまうんです(ただし、この状態でもまだまだ食べられます!)。海ぶどうを購入したら、以下の3点に注意しましょう。

  • 15℃~27℃くらいの常温で保存する
  • 冷蔵庫に入れない
  • 直射日光に当てない

プチプチ食感とにじみ出る塩味を最大限楽しむ!

直前にさっと洗い、水気を切ってお皿に盛ったら、そのまま食べてもOK。海ぶどう自体に塩味があって、十分おいしくいただけます。たれやドレッシングを使う場合は、柑橘系の酸味があるものがいいでしょう。ただし、直接かけてしまうと、海ぶどうがしぼんでしまうので気を付けてください。小皿に注いだポン酢などのたれに、刺身のようにつけて食べるのがおすすめです。

サラダの上にどさっとのせるのもいいですよ! ドレッシングをかけずとも、海ぶどうの塩味がよい味付けになります。そして、今回発見したのが、オニオンスライスと海ぶどうを一緒に食べるとおいしいということ。

ご飯にのっけて、海ぶどう丼に。これも、素材の塩味だけで非常にうまい! コストコのコスパあってこその、贅沢な楽しみ方ができちゃいます。