今年のケンタッキーはエビも辛ぇ! 『レッドホットシュリンプ』がパリパリのプリプリだった

ケンタッキーフライドチキンでは、毎年恒例の辛口チキン『レッドホットチキン』の販売がスタート。今年はさらに、それに加え『レッドホットシュリンプ』もラインナップに加わっています。専用の辛口ソースを付けて食べる形の新しい辛口メニュー……見逃せない!

 

ケンタッキーフライドチキン『レッドホットシュリンプ』240円

おすすめ度 ★★★★☆

『レッドホットシュリンプ』は専用の紙袋に入った状態での提供。4時間以内に食べるよう注意書きが入っています。

専用ソースが付属するのが『レッドホットシュリンプ』の特徴。こちらには「※とても辛いソースです。」の文字が入っています。

紙袋から取り出した『レッドホットシュリンプ』は長さ12cmほどのサイズ。カラッと揚がった衣は粒が大きく、フライや唐揚げとは大きく異なるビジュアルです。

パリパリの衣を剥がした中はもちろんエビが入っています。1本の大きなエビではなく、2、3cmほどのエビを寄せ固め棒状にした形。

衣はパリパリ、ザクザクと小気味良い歯ごたえで、中に入ったエビは弾力がありプリプリとした食感。エビと衣は特に辛い味付けはされていないので、ソース抜きだとエビの甘味がしっかりと味わえます。辛口の専用ソースは、ケチャップベースに唐辛子の刺激が加わった味わいで、衣やエビ自体の甘めの味わいにぴったりハマります。酸味とピリッとした刺激はあるものの、辛さは強烈ではなく意外に控えめ。余程辛いモノが苦手な人でなければ、問題なく美味しく食べることができそうです。

辛口の専用ソースでパリパリの衣とたっぷりのエビを味わうことができる、ケンタッキーフライドチキンの『レッドホットシュリンプ』。しっかりと唐辛子の刺激はあり夏らしい味わいで、エビを使ったメニューや、辛口の味付けが好きならオススメしたい一品です。ヒーヒー言うほどの辛さではないものの、『レッドホットチキン』より少し辛さは強め。『レッドホットチキン』を辛く感じるようなら食べる際にはご注意を。数量限定での販売となっているので、気になったらお早めに!

<参考リンク>
レッドホットチキン&シュリンプ | KFC