吉野家のヘルシー食『サラシア牛丼』を吉牛ファンが安心して食べていい理由

7/3より全国の吉野家で、食後の血糖値の上昇をおだやかにする働きをもサラシノールという成分が配合された『サラシア牛丼』の販売がスタート。そんな効果がありながら美味しさはそのままというのをウリにした新メニューですが、その実態は!?

 

吉野家『サラシア牛丼』480円(並盛)

おすすめ度 ★★★★☆

『サラシア牛丼』は並盛で480円。通常の牛丼より100円高い価格設定になっています。

サラシアというのは、インドやスリランカなどでお茶として飲まれてきた植物のこと。サラシアに含まれる成分サラシノールには、糖の吸収を助けるα―グルコシダーゼという酵素の働きを阻害する効果があるそうです。

その結果、余分な糖が胃腸で吸収されることなく、外に排出されやすくなるというわけ。

そんなサラシノールを配合している『サラシア牛丼』ですが、見た目は普通の牛丼と変わりません。

特殊な成分が配合されているというと、気になるのはやはりその味。通常の牛丼とどう違うのか確かめるべく薄切りの牛肉を食べてみると……意外にもいつもの牛丼と特に変わりナシ。お馴染みの安心感のある甘辛いタレで、ご飯が進む味わいです。

玉ねぎを食べてみてもやはり特に変わったところはナシ。クタっと煮込まれた柔らかな食感とタレの甘味には、普段との変わりは特に感じられません。

タレのしみたご飯を食べてもやはりいつもと変わらない味わい。知らずに食べれば、新メニューだと気付かないほどです。

ダイエットメニュー、糖分対策メニューの類というと、変わった味がしそうなモノですが『サラシア牛丼』に関してはそういったことは全くなく、いつもと変わらない味わいが楽しめるのは大きな特徴。いつも食べている牛丼との違いは感じられませんでした。

ここまで普段と変わらないとサラシア効果ホントにあるの!? って不安に駆られるほど。ダイエットのために調整された商品は食べるとガッカリすることが多いですが、変わらなさ過ぎて不安というのは初めての体験です(笑)。だから、吉牛ファンは安心してこのメニューをチョイスしていいと思います!

摂取した糖の吸収をおだやかにする効果がありながら、「おいしさそのまま」の看板に偽りナシの『サラシア牛丼』。食べてすぐに効果が実感できる類の成分ではありませんが、血糖値を気にする人にはオススメ。480円と通常の牛丼プラス100円の価格ですが、選ぶだけの価値はあると言えるでしょう!

<参考リンク>
牛丼|吉野家公式サイト