吉野家の一部限定メニューだった『タコライス』が普通に食べられるようになったぞ〜

吉野家では、7/6より夏季限定商品として『沖縄タコライス』の販売がスタート。これまでは沖縄と一部店舗のみ限定で販売されていた吉野家のタコライスが、ついに全国で食べられるようになりました(それでも一部店舗では提供していないようですが)。以前に沖縄で食べてハマったという人も、まだ食べたことのない人も要チェック!

 

吉野家『沖縄タコライス』450円(並盛)

おすすめ度 ★★★★☆

『沖縄タコライス』は並盛が450円、大盛が650円での販売。タコスミートがご飯の上に乗り、オリジナルのタコスソースがトッピングされています。

チーズやレタスもたっぷり。普段販売している丼モノや定食、カレーとは全く異なるビジュアルが新鮮です。

タコスミートはスパイスの効いた本格的な味わい。ケチャップ風味で甘めのオリジナルのソースには角切りのトマト入りで、酸味も効いています。そこにチーズの風味も加わり、しっかりとタコライスならではの味わいを楽しむことができます。

シャキッとした食感のレタスもタコライスには欠かせない要素。サッパリとした味わいのレタスは、タコスミートやチーズの濃厚な味わいにハマり、より食欲をそそります。

今回販売される『沖縄タコライス』はハバネロソースが付くのも特徴。お好みでピリッとした辛さをタコライスに加えることができます。

ハバネロソースは「中辛」となっていますが、ビリっとした辛さ。そのまま食べるとマイルドな味わいのタコライスに、心地よい刺激が加わります。量は少なめの小さなパックなので、そう辛くなりすぎることもありませんが最初は数滴だけ味わって辛さを確認してから全体にかけるのが良いかもしれません。

沖縄(と一部限定販売の店舗)でしか食べることができなかった吉野家のタコライスが、全国で食べられるのは気になっていた人には絶好のチャンス。450円でしっかりとタコライスならではの美味しさを味わえるので、限定販売されている夏季のうちに食べてみてはいかがでしょう。他の丼モノメニューにくらべサッパリめの味わいは、食欲の落ちがちな暑い時期に食べるにもピッタリですよ。

<参考リンク>
タコライス|吉野家公式サイト