うなぎの蒲焼きが送られてくる! 『鳥取境港 うなぎ養殖ファンド』が好評につき第2弾スタート

2015031901

うなぎが減るとうな重がさらに高価になり、最終的には食べることすら……という悲劇が起こる前に何かできないか? とお考えの方、『鳥取境港 うなぎ養殖ファンド2』に出資してみるのも手です。募集資金をもとにうなぎの養殖水槽を制作するというもので、出資者にはうなぎの蒲焼が送られてきますよ!

『鳥取境港 うなぎ養殖ファンド2』はうなぎの養殖システムの開発などを手がけるジャパンマリンポニックスが、マイクロ投資事業を運営するミュージックセキュリティーズと連携して開始されたファンド。第1回資金募集では1週間ほどで満額なったものだそうです。第2回ファンドでは募集した資金でうなぎ約15,000匹を養殖できる水槽を鳥取県境港の養殖工場に新設する予定。

出資額は1口50,000円(別途手数料2,850円)から。出資特典は、1口出資者には5年間にわたり毎年2,500円相当のうなぎの蒲焼を送付、4口以上の出資者には5,000円相当を5年間、年2回送付するほか、境港の併設レストランのうなぎ食べ放題券(10,000円分)がプレゼントされるとのこと。募集最大金額1,575万円(315口)に達し次第受付は終了となります。

ちょっとお金はかかりますが、うなぎの養殖をサポートしつつ、うなぎも食せる。ある意味オトクな出資になるのではないでしょうか。ジャパンマリンポニックスは来年度には100万匹の飼育を目指すそうです。

<参考リンク>
ミュージックセキュリティーズ|鳥取境港 うなぎ養殖ファンド2
ジャパンマリンポニックス