苦味がクセになる! カルディ『スパイシーチキンカレー』は後味さわやかな大人のカレー

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)にはレトルトカレーが大充実しています。が、個性的な商品が多いので、自分の好みに合う味かどうかわからないと、ちょっと手に取りづらいですよね。

もし、南インド系のサラッとしたカレーを求めているなら、『スパイシーチキンカレー』がおすすめです。ココナッツミルクがベースで、口当たりはあっさりしており、辛さは抑えめ。そして、最大の特徴といえるのがやわらかな苦み。さわやかな後味が残る、ちょっと大人向けのカレーなんです。

 

カルディ|スパイシーチキンカレー|320円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがカルディのオリジナル商品『スパイシーチキンカレー』。お値段は320円(税込)です。パッケージにはアルファベットで「ケララチキン」と書かれていますが、これは「南インド・ケララ地方のチキンカレー」という意味。マスタードシードとココナッツミルクで作るのがケララ流です。

原材料は?

原材料は以下の通り。「マスタードシード」が書かれていませんが、「香辛料」に含まれるんでしょうかね。

【原材料】鶏肉、野菜(トマト、しょうが、にんにく)、炒めたまねぎ、ココナッツミルクパウダー、植物油脂、香辛料、チキンエキス、食塩、pH調整剤、(原材料に一部に乳成分を含む)

まろやかな口当たりとさわやかな苦味が印象的なカレー

鍋に湯を沸かし、レトルトパウチを未開封のまま入れて5~7分。ライスをのせた皿に盛り付ければできあがり。非常にサラッとしており、鶏肉以外の具はほぼ溶け込んでいます。

このようにカレー自体の粘度はかなり低く、スープに近い状態です。口当たりはまろやかでミルキー。そして辛みはほとんどありません。それよりも印象に残るのが、さわやかな苦み。1食を食べきる間、心地よい苦さがつねに舌を刺激してきます。エグさを感じない絶妙な加減で、おかげで食べ終わった際にもさわやかな後味が残ります。これはうまい! ターメリックやマスタードシードなどの香辛料には苦み成分もありますが、それらが引き出されたものでしょうか?

また、鶏肉もけっこう入っていました。シャバシャバしたカレーのなかで、しっかりとした噛みごたえのアクセントは嬉しくなります。

カロリーは?

カロリーは1食あたり233kcal。たんぱく質多めで脂質少なめなのは、さすがチキンといったところ。また、しっかりとした味のわりには、食塩相当量が1.6gと意外な少なさでした。