コンビニの「白くまカップアイス」どれがウマい? 6商品を食べ比べてみた

練乳とフルーツたっぷりのかき氷アイス『白くま』。夏の定番アイスのひとつですよね。コンビニのアイスコーナーを覗くと、プレミアム系のちょっとお高いお値段が付いた限定白くまアイス、ちょくちょく見かけませんか? 地味~にコンビニ各社でラインナップが異なってるんです。

今回はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートで買える白くまアイス6商品を食べ比べ。お味的にはどう違うのか、どれがいちばんオトクなのか、実際に確かめてみました!

 

① 丸永製菓『白熊』129円

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

コンビニ各社やスーパーなど、あちこちで見かける白くまカップ。定価は税込129円ですが、安売りしてるところも多いです。1個140ml当たり99kcalで、ほかにも多くの白くま系アイスを手がける丸永製菓が製造しております。お味のほうですが、まずは非常にオーソドックス!

スタッフA

みかん、パイン、小豆、イチゴといったトッピングは、種類は揃っているもののボリュームは最も少なめ。グミのようなクニクニ食感のゼリーが唯一入っており、昭和感があって嫌いになれない! 練乳のコクも氷の食感も特に際立ったところはなく、お味はまあフツーですが、スーパーの安売り品を確保できれば一番のコスパかと!

② セイカ食品『南国白くま』129円

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

同じくミニカップの100円台白くま。セイカ食品製造で、スーパーやファミリーマートでたまに見かける印象です。1個150ml当たり130kcal。トッピングはいちご、みかん、小豆の構成で、ボリューム的には丸永製菓の『白熊』よりも頑張ってます!

スタッフA

粗すぎず細かすぎず、ミルク氷はほどよいザクザク食感。練乳と溶け合ってもくどすぎない甘味で、ほどよくミルキィかつ爽快ですね。コスパ感は良好だし、かき氷自体は高価格帯の白くまアイスとも十分戦える味だと思います!

③ 丸永製菓『たっぷりフルーツのしろくま』299円

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

ここからはコンビニ各社限定販売、またはプライベートブランドの商品となります。こちらはファミリーマートPB、丸永製菓製造の数量限定白くま。1個260ml当たり337kcalです。いちご、みかん、パイン、黄桃といった冷凍フルーツのボリュームと爽快感は、約300円という価格に見合ったものなのですが……他社に比べて微妙に甘味が立ってないのは気のせい?

スタッフA

冷凍庫から出したら少し置き、ほんのちょっと解凍してから食べたほうがいいかも? 密度感が高くシャキッと食べごたえアリなかき氷は、他社の300円白くまよりコク控えめのさっぱりテイスト。練乳は底に集中しているので、かき混ぜるとちょうど良いです。全体的にあっさりしてるので、甘すぎる白くまが苦手な人、ストレートな清涼感を求める人にオススメです!

④ 丸永製菓『フルーツ盛りだくさんしろくま』299円

おすすめ度 ★★★★☆

スタッフB

こちらは同じく丸永製菓製造ですが、ローソン限定販売となるプレミアム系白くま。1個260ml当たり301kcalです。トッピングは小豆、みかん、いちご、パイン、黄桃、加えてキウイが入っているのが特徴的。冷凍フルーツは全体的に酸味強めでキリッとしており、大粒で中まで凍りきらず果肉感が残るいちごが抜けて美味しい!

スタッフA

製造が同じだからか、ファミマと同じく練乳感薄めで、氷も似たようなザクザク食感、香りは良いけどさっぱりタイプですね。食べ進めると練乳氷の中からジューシーなりんご果肉が現れるのがポイントですが、去年に比べてりんごの量が減ってるような……個体差かな? ともあれ、全体のさっぱりテイストとりんごの甘味の時間差攻撃に個性が光る一品です!

⑥ セブン-イレブン / セリア・ロイル『練乳の味わい 白くま』300円

おすすめ度 ★★★★★

スタッフB

セリア・ロイル製造のセブンPBプレミアム白くまです。1個250ml当たり276kcal。練乳は表面にかかったタイプで、ひと口目から濃厚な甘味がバッチリ。他社はかき氷の中に練乳の層を重ねたタイプが多いので、実は意外な長所です。トッピングはみかん、パイン、ストロベリーに加えて、ブルーベリーがひと粒入ってますね(小豆はナシ)。

スタッフA

かき氷はきめ細やかすぎるがゆえのしっとり食感。フルーツの爽やかさは他社と同様ながら、がっつり練乳が絡んだ大粒果肉のガツンとくる甘酸っぱさはオンリーワン! 底の方に二段目の練乳が入っており、最後までばっちり美味しいです。

⑥ セブン-イレブン / セリア・ロイル『いちごがおいしい 白くま』300円

おすすめ度 ★★★★★

スタッフB

最後はセブンPBのいちごオンリー白くまです。これ、白くまなの? と気もする一品。製造は同じくセリア・ロイルで、1個245ml当たり271kcal。フルーツのバリエーションは減りましたが、大盛りいちご果肉の爽快感はもちろん、その下にはねっとり濃厚ないちごソースをプラス! 去年食べた時はさっぱりしすぎて物足りない印象でしたが、今年は濃厚感がアップした気がします。

スタッフA

いちごソースのすぐ下にまた練乳が層を重ねていて、更に濃い味になってる! ふわっと優しいバニラアイスが舌休めになってくれます。って、中央部からも粘度高めのキュッと甘酸っぱいいちごソースが現れたんですけど……。コレは意外なダントツの満足感かも!

結論:セブンのいちご白くまが進化してるので買い!

最後にmitok編集部で人気アンケートを取った結果、1位はセブン『いちごがおいしい 白くま』、2位はセブン『練乳の味わい 白くま』、3位はローソン『フルーツ盛りだくさん白くま』という結果になりました。『いちごがおいしい 白くま』は小豆がのっていない点で、一般的なイメージの白くまとはやや違うような気はしますが……。

全体的にコンビニ限定白くまはハイレベルでどれも美味しいですが、例年に比べて濃厚感がアップしたセブンのいちご白くまは特にインパクト高し! いずれもひとつ約300円という値段で敬遠しがちですが、あらためて食べるとやっぱり抜群に美味しいので、ぜひ試してみてください!