カルディの旨肉おかず・バラ先軟骨に「塩シークヮーサー味」が出たけどお味は?

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)ではこれまでも、豚のバラ先軟骨をトロトロに煮込んだレトルトのシリーズを展開してきました。『バラ先軟骨のワイン煮込み』『バラ先軟骨のチーズカレー』ときて、今回登場したのが『バラ先軟骨のさっぱり煮 塩シークヮーサー味』

こってり系からあっさり系への意外な方向転換ですが、淡白な塩味だからこそ素材のうまみが映える! そして、シークヮーサーのやさしい酸味が食欲をそそるんです!

 

カルディ|バラ先軟骨のさっぱり煮 塩シークヮーサー味|321円

おすすめ度 ★★★☆☆

こちらがカルディのオリジナル商品『バラ先軟骨のさっぱり煮 塩シークヮーサー味』です。お値段は321円(税込)。パッケージもさわやかな雰囲気ですね。

これまでのバラ先軟骨シリーズと同様、「ワインによく合う」というコンセプトのもと、「WINE DELI」のロゴが入っています(他の商品は「WINEめし」でしたが…なぜに変わった?)。

レトルトパウチタイプになっており、1パックの容量は130gです。

原材料は?

使用している原材料は次のとおり。このシリーズを通して、豚は国産のようですね。製造者のキャニオンスパイスは、自社でもカレーのレトルト商品などを展開しています。

【原材料名】豚軟骨、シークヮーサー果汁(沖縄県産)、でん粉、チキン風味調味料、食塩、香油(植物油脂、ねぎ、玉ねぎ、しょうが)、おろしにんにく、食用調合油(ごま油、大豆油)、砂糖、ブラックペッパー、セロリパウダー/調味料(アミノ酸)、(一部に乳成分、牛肉、豚肉、鶏肉、大豆、ごまを含む)

シンプルな塩味で素材を楽しむ! その分、物足りなさも…

レトルトパウチの封を切らずに熱湯に入れ、5分ほど温めればできあがり。今回は、ご飯にかけてみました。

バラ先軟骨のかたまりが3つ入っており、そのうち1つがかなり大きめ。そのかたまりの肉部分は噛みごたえがあって、咀嚼するごとにうまみが染み出してきます。いつまでもモグモグしていたい気分!

半透明のぷるぷるした部分は、脂身ではなくコラーゲン。舌の上でとろける柔らかさで、塩だれソースをよく吸っており、シークヮーサーの酸味を鮮烈に感じられました。

塩だれソースは粘度が高く、どろりとしています。ご飯とよく混ぜて食べるのが至福の味わい。ただ、全体的にはおいしいのですが、淡白な分、物足りなさもありました。もう少し、追加でほかに何か食べたくなってしまうんです。

また、ソースの色が透明~白っぽいため、バラ先軟骨のビジュアルが丸見え。これを生々しく感じる人もいるかもしれません。

カロリーは?

1食あたりのカロリーは173kcalとなっています。