超人気の無印良品コーヒーメーカーを買う前に知っておきたいポイント

無印良品が発売した『豆から挽けるコーヒーメーカー』(型番 MJ-CM1)が人気ですね。32,000円(税込)もするのに。確かに無印良品らしいシンプルなデザインに加え、ミルからドリップまで全自動タイプでタイマー付き。機能面も魅力的です。

とはいえ、家庭向けコーヒーメーカーとしてはかなり高価な製品。勢いだけじゃ買いにくいですよねぇ(むしろ勢いこそ必要か!?)。そこで実際に購入して使っているmitokスタッフが、買う前は気づきにくい(ちょっと残念)ポイントをまとめてみました。

 

 無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー』のポイントまとめ

無印良品の『豆から挽けるコーヒーメーカー』に関するポイントを以下にまとめてみました。

  • 無印良品らしいシンプルなデザイン
  • ミルからドリップまで全自動
  • コーヒー豆からもドリップOK
  • コーヒー粉からもドリップOK
  • ミルはフラットカッター
  • ミルは5段階(粗挽き〜細挽き)
  • ペーパードリップ
  • 指定時間にドリップ開始のタイマー機能
  • 3カップ分(450ml)までドリップ可能
  • メーカーはツインバード工業

ツインバード工業は無印良品の電気ケトルや掃除機なども製造しています。コーヒーメーカーの実績としては、電気式サイフォンを製造。けっこう珍しい分野に手を出してるんですよね。

これまでグラインダーとコーヒーメーカーを使い分けていた身からすると、コーヒー器具がひとつにまとまり、起きる時間に合わせてドリップをタイマーセットできるのは非常に便利です。

深煎りコーヒー豆が好きな人には困る点

『豆から挽けるコーヒーメーカー』はわりと理想的な機能を備えた製品なのですが、「深煎りのコーヒー豆」「苦めのコーヒー」を好む人には物足りない点も。

  • もっと細挽き設定が欲しい
  • ミルに豆がそのまま残る

どういうこと? ひとつずつチェックしてみましょう。

もっと細挽き設定が欲しい!

上の写真は、深煎り・苦めを好むmitokスタッフが日ごろ愛飲しているコーヒー豆の挽き目。グラインダーにはコニカル刃のボダム製「BISTRO」を使い、細挽きくらいの設定で挽いています。

フラットカッターの『豆から挽けるコーヒーメーカー』でも同じように細挽き設定でドリップしたところ、妙に味が軽い感じ。なにゆえ? 気になったので、5段階の挽き目をすべて試してみました。

『豆から挽けるコーヒーメーカー』の挽き目サンプル

挽き目の定義については本稿では置いておきまして、BISTROの設定に慣れた身には、細挽きでもわりと粗めに見えます。それで味が軽めだったのか〜。

上記のサンプル以上に細挽きにしたい人は、『豆から挽けるコーヒーメーカー』のミルにはちょっと不満を覚えるかもしれません。豆の量を増やして、少しでも味を濃いめに抽出するという手もありますが、本質的な対策にはならないですしねぇ。かといって、ミルだけBISTROを使ったら、せっかくの全自動コーヒーメーカーの意味がなくなるし……。

極細挽き設定が欲しかったなぁ。

コーヒー豆の挽き目にこだわりのある方(普通こだわりますよね?)、事前によく検討したほうがよいと思います!

ミルに豆がそのまま残る

ミルに豆がそのまま残る――これが一番困ったちゃんなんです。

タイマーセットで2杯分をドリップしたところ、あまりにも味が薄いことがありました。原因を調べてみたら、なんとミルにコーヒー豆が半分くらいそのまま残ってるじゃないですか! そりゃ味が薄いわけです。全自動コーヒーメーカーにはわりとありがちな、深煎りコーヒー豆の油分がジャマして、ちゃんと豆がミル内部まで落ちない問題。『豆から挽けるコーヒーメーカー』でも発生するようです。

実際、製品に同封されていた「お願い」にも、「極端に深煎りのコーヒー豆は、豆が大きく軽く油分が多いため、ミル内部にコーヒー豆が入っていかないことがあります。その際は、コーヒー豆を軽く押してミル内部に落としてください」と。極端に深煎りを使っている認識はないけど、仕方ないのかしら……。

加えて注意書きによりますと、そのような極端に深煎りのコーヒー豆では「タイマーの使用はお控えください」とのこと。これはショック(笑)。肌感覚としては、1杯分だったら豆残りはほとんど発生せず、2杯分以上だと高頻度で残る感じ。いい対策ないかなぁ……。

無印良品としては、自社製コーヒー豆「Café&Meal MUJIオリジナルブレンドコーヒー豆」の使用を推奨しているのですが、3万円のコーヒーメーカーを無印良品のコーヒー豆専用の予定で買うって考えにくいですよね。

使用するコーヒー豆についての注意点をまとめておきます。

  • 極端に深煎りのコーヒー豆は、油分等が原因で、ミル内部に落ちない可能性が高い
  • 極端に浅煎りのコーヒー豆は、硬さが原因で、中細挽き・細挽き設定ではミルのモーターが止まることがある

あと、いくつかメモ。

  • 自動ドリップ時のミル回転時間は、1杯分で約1分30秒、2杯分で約2分30秒、3杯分で約3分
    ※回転時間は固定、ミルから豆カスを排出する時間がやや長め(?)に設けられている
  • ミルのみ使用時の回転時間は約3分
    ※電源ボタンでキャンセル可能
  • ミルの動作音を騒音計で簡易測定したところ81dB前後
    ※ボダム「BISTRO」は84dB前後(ミル回転時間が長い分、『豆から挽けるコーヒーメーカー』のほうがうるさく感じる)

*   *   *

以上、深煎りコーヒー豆好きなら無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー』を買う前に知っておきたい的なポイントまとめでした。とりあえずタイマーは便利だし、ドリップの出来もデザインも気に入っているので、本製品と相性が良くて、コスパも味も良い深煎りコーヒー豆を探し続ける日々を送っています。コーヒーメーカーに自分を合わせる感じです……!

※本記事はあくまでも個人の感想です。また、製品には個体差があるため、すべての製品で同様の結果となるとは限りません。あらかじめご了承ください。