イケアの “使える” 充電池&モバイルバッテリーはガチ検証的にコレ!

イケア(IKEA)で売られている電気小物って安い! シンプルなデザインがいい! でも中身は?

ガジェット好き的には「モバイルバッテリー」と「充電池」あたりは気になるところでしょうか。それぞれ複数の製品が販売されていますが、ガチ検証的に “使える” と判断したモデルをピックアップしてみました。お買物のご参考にどうぞ〜m(_ _)m

 

検証|ハンダマスターかしま

おすすめモバイルバッテリー|SOLBANA(ソールバーナ)|1,999円

おすすめ度 ★★★★☆

▲見た目は円筒型セルを使っていそうだが、中身はラミネート型セル。

ガチ検証結果まとめ

  • 充電池
    • ブランド 不明
    • タイプ リチウムポリマーセル × 2 PT925675 3.7V 5,000mAh 2並列
  • サイズ / 重量 70×105×23 mm / 227.8g
  • コントローラ HOLTEK HT46T003B
  • ポート固定強度
    • microUSB 別基板縦組み+はんだ4カ所 強度○
    • USB 縦型コネクタ+はんだ穴3カ所 強度○
  • 識別電圧 Apple 2.4A自動(VIA Lab P203)
  • 60分後電圧 4.86V
  • 2.0A負荷放電時間 198分31秒
  • 最大供給電流(公称値)
    • ポート全体 2.4A(2.0A)
    • 過電流保護 2.7A
  • 1.0A負荷リップル電圧 42.9mV
  • 容量(3.7V換算)
    • 公称容量 10,000mAh
    • 実測容量 8,633mAh
    • 誤差 -13.7%
  • 1Ah単価 231.6円(※)
    ※ファミリー会員価格1,999円(税込)の場合
  • 電流スコア 120(100以上が理想)
  • 容量スコア 86(80以上が理想)

おすすめポイント

イケアのモバイルバッテリー『SOLBANA(ソールバーナ)』はなによりも容量コスパの高さが評価できる。1Ahあたり約232円という容量単価は、過去に検証した10,000mAh級モデルの中でもトップクラスのお得さだ。

出力性能は公称値2.0Aに対し、最大 2.4A(4.5V 降下時)、保護切断は2.7A弱。秀でているわけでもなく、悪くもなく、普通に使えるレベルだ。不安な点があるとすれば、出力USBコネクタ部の強度だろうか。

とはいえ、1,999円(税込)という低価格で全体をうまくまとめたモバイルバッテリーであることは確か。イケアでは「FINDLA(フィンドラ)」という5,000mAhモデルもあるが、こちらは容量コスパがすこぶる悪い(約532円/Ah)。選ぶなら『SOLBANA』がベターだろう。

おすすめ充電池|LADDA 2450(単3形)|799円/4本

おすすめ度 ★★★★☆

2016122434

ガチ検証結果

  • 製造 / 販売 (推定FDK)
  • 製造国 日本
  • 価格 799円 / 4本
  • コスパ
    • 1本あたり 199.8円
    • 1Ahあたり 83.3円
  • 容量
    • 公称容量 2,450mAh
    • 実測容量 2,398mAh
    • 誤差 -2.2%
  • 60分後電圧 1.18V
    ※高電圧を維持できているかをテスト
  • 0.9V終始時間 271分11秒
    ※持続時間をテスト
  • 検体製造年月 2016年11月

おすすめポイント

イケアではニッケル水素充電池「LADDA」シリーズを販売しており、かなりコスパの良い製品である。中でもおすすめは単3形の最大容量モデル『LADDA 2450』だ。

名称のとおり、公称容量は2,450mAh。それに対し、実測容量は2,398mAhで誤差わずか-2.2%。容量単価は約83円/Ahで、これまでに検証した充電池の中でトップのお得さだった(100円/Ahを切った唯一のモデル)。

なお、本製品は中国製ではなく日本製。おそらくFDK製ではないかと思われる。実測容量、パワーともに問題はなく、十分使える充電池だ。

※本企画の検証結果はすべての商品で同様の結果を保証するものではありません。個体差等により結果が異なる可能性を踏まえたうえで、購入する際の一材料として参考にしていただければと思います。また分解等の検証は専門知識を持つ者が行なっております。真似しないようご注意ください。