ごはんのお供に最強! セブンの新おかず冷食『牛ホルモン焼き』がレベル高いから食べてみ?

結構なスピードで新作が投入され続けている、セブン-イレブンの冷凍食品。つい最近だと『牛ホルモン焼き』なんて、いかにもビールのおつまみに最適そうな一品も登場しております。

シンプルな庶民派メニューながら、そこは味に定評のあるセブン冷食。こだわりが感じられる濃厚テイストでしたので、晩酌用にもオカズ用にもオススメいたします!

 

セブン-イレブン『牛ホルモン焼き』278円

おすすめ度 ★★★★☆

セブン-イレブンの冷凍食品コーナーで発見。エスフーズとセブン&アイグループの共同開発商品となります。価格は税込278円。まあこんなもんかな?というお値段ですね。

調理方法はいたってかんたん。外装の端に切れ目を入れてから、そのまま500Wの電子レンジで約2分チンするだけ。トレイに入ったタレとホルモンがアツアツになってお目見えします。

脂身トロトロのモツに特製味噌ダレがたっぷり!

お皿にあけるとこんな感じ。ボリュームはそこそこといったところでしょうか。米国産牛小腸をオーブンと直火で焼き上げて、2種類の赤味噌、コチュジャンなどを加えたタレで味付けしたという一品なのですが……

結構がっつり脂肪部分の残った個体が多く、プルプルトロトロの食感がいきなりたまらない美味しさ! 赤味噌の旨味とコチュジャンの辛味が合わさった甘辛タレはコク深く、これは問答無用でお酒が進みまくる文句ナシの濃い味ではないかと!

米国産牛小腸はソフトな口当たりで臭みもなく、直火焼きの芳ばしさがばっちり立っており、ホルモンならではの弾力と歯ごたえと一緒に、じっくりと風味を楽しめます。セブン冷食の中でもド直球におつまみレベルが高い一皿ですね~。晩酌のお供に迷ったときはぜひどうぞ!

カロリーは?

ちなみに熱量は100g当たり268kcalとなります。