朝食の定番たまご焼きは “ラー油入り” アレンジが意外なおいしさ!

朝食メニューのド定番といえば卵焼きですが、味付けに変化がないと飽きが来る一方で、凝ったアレンジをするのも時間が無い朝にはちょっと面倒……という感じですよね。そんな時にちょっと便利な、超お手軽な卵焼きのアレンジレシピ、ご存知でしょうか。

卵焼きのオカズレベルが一発でガツンと上がる「ラー油入り卵焼き」レシピ、試してみたらハマる味わいになったので、ご紹介いたします!

 

ラー油入り卵焼き 調理時間約5分

用意するもの

  •  2個
  • 醤油 小さじ1
  •  小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 具入りラー油 適量
  •  適量

いつもの卵焼きに具入りラー油を混ぜるだけ!

まずは卵をボウルに割り入れ、醤油、酒、砂糖、あとはお好みでだし汁などを投入。白身を切るようにしてかき混ぜましょう。

フライパンや卵焼き器に油を薄く敷いて、弱火~中火にかけて加熱してから、1回目の卵液を投入します。基本はふつうの卵焼きの作り方ですね。

ここで卵を巻く前に、真ん中あたりに具入りラー油を1列にして敷いておきます。

あとはラー油入り卵焼きをくるっと巻いたあと、2回目、3回目の卵液を投入。いつものとおりに焼いて巻き上げるだけで完成です!

食べるラー油を巻き込むだけで辛旨オカズに!

要するに、食べるラー油を卵焼きに巻き込んだだけなのですが、たったこれだけでいつもの卵焼きのふんわり優しい味わいを、ガツン!とくるオカズテイストに一気に変身させてくれるんです。ふかふか食感、ほのかな甘味、ピリリとした辛味が組み合わさって、新鮮な甘辛テイストに!

桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』ならちょいマイルドに香ばしく、業務スーパーなどで販売している『老干媽(ラオガンマー)』ならハードな辛旨感に仕上がります。使用する食べるラー油の種類によって、卵焼き自体の味付けは微調整するのがオススメです。ちなみに今回は『老干媽』を使ったので、調味料は控えめの分量におさえました。

ラー油を入れすぎると朝食に食べるにはやや重くなっちゃいますが、ご飯の進み具合が一変するのはもちろん、おつまみレベルも一気に高くなるオススメの卵焼きアレンジレシピ。ぜひ試してみてください!