【おすすめWebマンガ】クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(竹下けんじろう) ~ アニメもいよいよ佳境! 波瀾万丈の皇女流離SFはコミカライズもなんかスゴい!?

2015032405

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

原作:サンライズ、漫画:竹下けんじろう、ストーリー協力:樋口達人、監修:PROJECT ANGE『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』 ComicWalker連載

現在放送中のアニメ『クロスアンジュ』ですが、いや、毎回スゴい展開ですよね。これぞ天下のサンライズが満を持して放つSFロボット一級エンタメ、もうすぐ終わってしまうのが実にもったいない! というところで、今ちょうど竹下けんじろう氏による本作のコミカライズ作品が、ComicWalkerにて連載中&全話無料公開中なんです。

マナという魔法的超技術が一般化した平和な世界。ミスルギ皇国の箱入り皇女アンジュリーゼは、マナを扱えない人間・ノーマを人種差別むき出しに弾圧する皇国のスーパーアイドル! ところが一転、自らもそのノーマだと発覚。国民から石を投げられるまま、人類の敵・ドラゴンの迎撃基地アルゼナルに飛ばされ、収監祝いの身体検査で後ろの処女をあえなく散花してしまう……。

女囚ものばりにコワい同僚たちの可愛がりに遭いながら、心荒みつつもドラゴンと戦う中で逞しく成長していくアンジュ。仲間の死、国家の陰謀、ドラゴンの驚くべき正体、無人島の青年による執拗なラッキースケベ……。並行世界までを舞台にして縦横無尽に転がりまくるド派手なストーリーテリングの魅力は、コミカライズでももちろん再現されています。

マンガ版ならではの読みどころは、第22話以降織り交ぜられるオリジナルエピソード。とくに第24話「イエス・マム」は、ロザリーとクリスが初陣帰りに失禁していたところ、今は亡きゾーラ隊長に授乳されて慰められた思い出を振り返るという、スッゴイ心温まる話なんすよ……。

集中線や書き文字の使い方含めて独特な絵柄ですが、アニメのエンタメ精神を忠実に受け継いだ演出法はお見事。「海ヘビの毒はコブラやマムシより【毒性】が強いそうですが……!?」とか、ヒキのキャッチがフランクだったり乱暴だったりするところも『クロスアンジュ』らしくて良い!

マンガから入るもよし、アニメの急展開の連続に頭が追いつかないときのおさらいにもよし。一度読んだら病み付き間違いなしの一作、ぜひこの機会に一気読みを!

『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』掲載情報

・作者:原作:サンライズ、漫画:竹下けんじろう、ストーリー協力:樋口達人、監修:PROJECT ANGE
・掲載メディア:ComicWalker(こちらからチェック!)

ほかのおすすめWebマンガをチェック!