リプトンの水出し紅茶をフレーバーウォーターで作ると意外なおいしさに!

アイスティーをごくごく飲みたいときに大活躍するのが水出し紅茶。特に今年は、リプトンの『コールドブリュー アールグレイティー』が大活躍してくれています。というのもこの商品、抽出時間がたったの5分なんです。飲みたいと思ってから作り始めて、すぐに飲めるのはありがたすぎ! これまでの水出し紅茶って、抽出に一晩かかるのが当たり前だったのに……。

さて、水出し紅茶をヘビーローテしているうちに、ふと思いました。もしかして、フレーバーウォーターを使って抽出すれば、フレーバーアイスティーが作れるのでは? と。

思いついたら即実験! というわけで今回、リプトンの『コールドブリュー アールグレイティー』を、ペットボトルの『いろはす』で“水出し”してみました。これが意外に……アリだったんです!

 

リプトン|コールドブリュー アールグレイティー|430円

こちらがリプトン『コールドブリュー アールグレイティー たっぷり1リットルタイプ』です。近所のスーパー(マルエツ)での購入価格は430円(税込)。ティーバッグは5袋入っており、1袋の茶葉の量は75gです。

パッケージ裏面の説明より。常温の水1リットルにティーバッグを1袋入れ、5分間抽出。軽くかき混ぜてティーバッグを取り出すとできあがり。驚くほど速攻です。

『いろはす』で水出し紅茶を作ってみた

それでは、フレーバーウォーターを使って、フレーバーアイスティーを作ってみましょう。今回は『いろはす なし』(鳥取県産手摘みなしエキス入り)を用意。1本555mlなので、2本使って抽出を行います。

5分後、軽くかき混ぜてティーバッグを取り出しました。短い時間なのに、しっかりと色が出ていますね。本当に、あっという間に完成するんです。

どれどれ、と飲んでみますと……これはアリですよ! 梨の香りと、アールグレイの柑橘系の香りがうまくハマっています。また、紅茶の渋みも『いろはす』の甘みとマッチして、深みのある味わいとして感じられます。超お手軽フレーバーアイスティーは大成功と言えるでしょう!

リプトンがネットで限定販売していた「オリジナルタンブラー」に詰めてみました。うーん雰囲気が出ますね! これを持って、ちょっと散歩に出たいところ!

他のフレーバーはどうかな? ということで、『いろはす』のもも味でも実験したところ……こちらはイマイチなデキに。ももの強い香りが、アールグレイの香りとはあまりマッチしません。また、このときは抽出時間をちょっと長め(8分程度)にしたのですが、渋みが強く出てしまい、『いろはす』側のフレーバーと喧嘩して、えぐみを感じさせる味わいになっていました。

というわけで、結論としては以下の3点となります。

  • ペットボトルのフレーバーウォーターを使った水出し紅茶は結構いける
  • フレーバーウォーター側の香りが強すぎないほうが合いやすい
  • リプトンの『コールドブリュー アールグレイティー たっぷり1リットルタイプ』を使う際は、5分でティーバッグを引き上げたほうがよい

これを参考に、ぜひ独自のフレーバーアイスティーを作ってみてください!