黒いほうの吉野家に登場した『牛たま丼』は卵とじとはちょっと違う濃厚メシだった!

から揚げやトンカツといった揚げ物ほか、通常店舗とは異なる品ぞろえで展開する黒い看板の新しい吉野家。現在、店舗限定商品として牛丼やから揚げ丼に玉子を追加したメニューの販売が新しく始まっています。

 

吉野家『牛たま丼』550円

おすすめ度 ★★★★☆

『牛たま丼』は並盛が550円、大盛が650円。他にから揚げ丼に玉子が加わった『からたま丼』も並盛580円で販売されています。

上に乗った「牛たま」の「牛」部分は薄切り牛肉と玉ねぎを煮た、お馴染みの吉野家の牛丼の具。輪切りのネギもトッピングされています。

「牛たま」の「たま」にあたる玉子は牛肉をとじるのではなく下に敷かれた形で、玉子丼の上に牛丼の具が乗っているような様子です。

甘辛く煮つけられた牛肉と玉ねぎは吉野家のいつもの味。ネギのシャキシャキとした食感も加わります。

玉子部分もしっかりと醤油、砂糖などで甘辛い味付けがされ、単独でもご飯のお供になるほど。火は通っていますが、硬すぎずふんわり柔らかく一部分は半熟でトロトロの状態です。玉子だけではなく一緒に玉ねぎも入っているので、牛丼の具、玉子で火の通り具合の異なる2種類の玉ねぎをたっぷりと味わうことができるのもほかのメニューにはない特徴。

甘めにしっかり味付けされた玉子と薄切り牛肉の組み合わせは、味の濃さやボリューム感が通常の牛丼より増しご飯が非常に進む味わい。牛丼に生卵を追加したのとはまた違った美味しさです。

紅ショウガや七味唐辛子を加えて味を変えて食べることもできます。玉子の味付けが濃すぎるように感じたりするようならこちらもオススメ。

通常の牛丼とあまり変わらないように見えますが、甘辛く煮られた玉子が加わった『牛たま丼』は味わいも濃厚でボリューム感アリ。牛丼には生卵を追加するという人も、いつもとは違った味や食感を試してみてはいかがでしょう。牛丼の具、玉子の両方に玉ねぎが入っているので、牛丼の玉ねぎが好きな人にもオススメ。玉ねぎをたっぷり味わうことができますよ。