キケンな美味しさ! 冷凍餃子と食べるラー油でランチパック風サンドを作ってみた

コストコの大量食材、買っても消費しきれないと思って売り場でスルーしていませんか?

たとえば、冷凍食品の定番『餃子計画 生餃子』。748円で50個入り。1個あたり約15円でかなりお買い得です。味の評判もいい。ただ、量が気になりますよね。いつも水餃子や焼餃子で済ませることになりそう……。

でも、コストコ食材をおいしく消費するレシピは豊富なのでご安心を! 今回は「ランチパック風サンドイッチ」の作り方をご紹介しましょう。ら、ランチパック風!? という感じだと思いますが、ひとまずどうぞ。もちろんコストコ以外の冷凍餃子でもOKですよ。

 

食パンと餃子という異色のコラボ

材料(1個分)

  • 冷凍餃子 1個
  • 食パン(8枚切) 2枚
  • マヨネーズ 小さじ2
  • 食べるラー油 小さじ2
  • ポン酢 少々(ゆずポン酢推奨)
    ※食パンをくり抜くためのコップ(食パンに収まるサイズのもの)

ジューシーな餃子だから、ランチパック風にサンドしよう

まずは、冷凍餃子を茹でるか、ヒタヒタの水に入れて電子レンジで3分〜4分加熱します。

餃子を加熱する間に、タレを準備しましょう。マヨネーズ、食べるラー油、ポン酢を混ぜます。ポン酢は風味付けなので、少々入っていればOK。

食パンの上に餃子とソースを置き、上に食パンを乗せます。それを、コップでくり抜きます。

コップをギューッと押し付け、ゆっくり回しながら、くり抜きます。

綺麗にくり抜けました!サイドが完璧に閉じていなくても、指でギュッと圧縮すれば、くっつきますよ。

大きさは、手のひらより小さいくらいです。

カットしてみると、こんなかんじ。焼き餃子ではなく水餃子をサンドしたことで、「口の中に肉汁が溢れる」ジュージーなサンドイッチができました。思わず「小籠包かよ!」と突っ込みたくなる、危険な美味しさです。筆者は、撮影の合間に3個も食べてしまいました…。ビールのお供にも、急なお客様へのおもてなしにもなる一品ですよ。