業務スーパーのジャンキー肉『牛やわらかサイコロステーキ』はレトルトカレーの格安追加おかずにいいかも

普通のステーキ肉に比べてグラム数あたりの価格がお安めな、冷凍のサイコロステーキ。お子さんがいる家庭はもちろん、手軽かつ安価にお肉をがっつり食べたい時にも重宝するお品ですよね。

業務スーパーで売られている『牛やわらかサイコロステーキ』は500g入りで税込579円。「まあ、たいしたもんじゃない」という程度のお味なんですが、格安で肉を料理に追加したいときの選択肢としてちょうどいいのでは?

 

業務スーパー|牛やわらかサイコロステーキ|579円

おすすめ度 ★★☆☆☆

業務スーパーの冷凍コーナーにて販売中。これまた綺麗な立方体に整えられた成型肉のパックです。

製造者は熊本県の株式会社ミート丸真あさぎり工場。製造は国内ですが、牛肉はオーストラリア産ですね。調味料で軽く下味が付いているようですが、「お好みのステーキソースで!」というパッケージの文言を見るに、味付けを加える前提の商品ですね。

お皿にあけるとこんな感じ。ビジュアルはもういかにもな成型肉ですが、普通のスーパーで売られているサイコロステーキよりは、一粒一粒がちょい大きめな印象でしょうか。調理方法は言わずもがな、フライパンでしっかりめに火を通すだけ!

頼りない食感だけど、格安男メシ用にはアリ!

火を通したあとはこのぐらいのサイズ感に。今回はバター、醤油、ニンニクを加えて焼いてみました。大きめサイズのサイコロ肉から、肉汁がジュワジュワ大量に滲み出てきて……ジャンク上等の趣ながら、なかなか美味しそうではないかと!

いざひと口食べてみると……良く言えばふんわり柔らか、悪く言えばスカスカな食感の、なんとも頼りない歯ごたえ。正直もうちょい弾力が欲しいけど……この値段なら許容範囲かな?

一方で牛肉の旨味はしっかりめ。軽い食感とあわせて、あえて言えば安いハンバーガーのパテに近い印象です。味付けナシだと若干臭みが気になりますが、それなりにソースや調味料を足せば特に問題なく美味しいレベルに仕上がりました。

考えられるメニューは、とりあえずステーキ丼でしょうか。旨味が濃いので白米はバッチリ進みます。ただ先述したとおりの食感なので、食べ応えを求めるとちょっと寂しい感じもしますね。

ステーキ丼で物足りなかった場合、オススメなのはカレーの具材にしちゃうこと。それこそ業務スーパーで売られている格安の具なしレトルト、『おとなの大盛りカレー』シリーズにぶち込んで激安ビーフカレーにしちゃうのは良さそう!

一人暮らしの大学生の男メシなんかにはバッチリですし、コスパ最重視のお肉選びの際は購入候補に入れてみてはいかがでしょうか!