ヒルナンデス!で紹介された「フレンチトースト風おにぎり」を恐る恐る試してみたら……安心した

日本テレビ系『ヒルナンデス!』(2017年9月4日放送回)の「レシピの女王 シンプルレシピ教室」にて、第3代レシピの女王・大本紀子さんが一風変わったアレンジおにぎりの作り方を披露されておりました。

それが「チーズと塩昆布のオイルおにぎり」と「フレンチトースト風おにぎり」! 一見変わり種ですが、冷めても美味しい味付けなのがポイントなんです。実際に作ってみたらお弁当に良さげな仕上がり。……なんというレシピを考え出すのでしょうか! 改めてご紹介させていただきます。

 

「チーズと塩昆布」は材料を混ぜるだけ!

まずは「チーズと塩昆布のオイルおにぎり」です。材料はご飯(200g)、塩昆布(10g)、チーズ(15g)、ごま油(大さじ1)、お好みで飾り用の大葉を用意しましょう。

ボウルに入れたご飯にごま油を注いで、ざっくりと軽く混ぜます。そこに1cm角に切ったチーズと塩昆布を投入して、もうちょいしっかりめに混ぜ合わせましょう。あとはコレをラップに小分けして丸く握るだけ!

お味は塩昆布の甘じょっぱさをベースに、トロリとしたチーズのコクをプラス。ごま油の香りと旨味も相まって、かなりの濃厚系おにぎりに仕上がります。どこかバター醤油ご飯風のまったりとした口当たりがハマりますよ!

「フレンチトースト風」は卵液にくぐらせて焼くだけ!

次は「フレンチトースト風おにぎり」。材料はご飯(200g)、塩(少々)、卵(1個)、マヨネーズ(小さじ1)、塩こしょう(少々)、味のり(1枚)、油(適量)を用意しましょう。

最初は普通に塩少々を混ぜたご飯で三角おにぎりを握り、味のりも合わせておきます。ボウルに卵、マヨネーズ、塩こしょうをよ~く混ぜ合わせた卵液を用意したら、そこにおにぎりをくぐらせて……

この卵液が絡んだおにぎりを、油を熱したフライパンで両面焼くだけ! 軽く焼き目がつくぐらい、ほんの数分でOKです。

こちらは卵ご飯で作った焼きおにぎりという感じで、ほっと安心するような美味しさ! 焼いた香ばしさと卵マヨのクドすぎない旨味が、良い具合にマッチしてくれます。冷めてきてもふっくらカリカリの食感が維持されるのも嬉しいです。

いつものお弁当のおにぎりに変化を付けたいとき、ぜひ試してみてください!