コストコのコーヒー『パイクプレイスロースト』のおすすめ度は? 気になるサイズや味をチェック!

コストコのコーヒーコーナーでちょっと気になる商品なのが、スターバックスコーヒー『パイクプレイスロースト』の大袋バージョンです。スタバの店舗でも販売されていますが、そちらは1袋250g。いっぽう、コストコでは1袋566g。量は2倍以上入っているのにお値段は1.3倍程度と、コスパ的には圧倒的に良し!

肝心の味の方も折り紙つきで、ピリっとした苦味と後味の甘さ、ほのかな酸味が印象的です。マイルド傾向なので飲みやすく、シアトルスタイルのコーヒーが好きな方にはおすすめできる1品ですよ!

スターバックス パイクプレイスロースト|1,578円(566g)

こちらがコストコで売られているスターバックスの『パイクプレイスロースト』。566g入って1,578円(税込)。100gあたり278円ですね。スタバの店舗だと250gで1,231円(100gあたり492.4円)なので、かなりお買い得と言えます。

ちなみに、スターバックス1号店はシカゴの「パイクプレイス・マーケット」にあります。発祥の地を冠しているだけに、スタバにとって特別なブレンドなんですね。その『パイクプレイスロースト』ですが、味の傾向としては、従来の看板商品である『ハウスブレンド』よりちょっとマイルドな感じ。バランス型のコーヒーで、「スタバのコーヒーは苦くて濃すぎる」という人にも親しんでほしいという狙いがあると思われます。実際、スタバの店舗で豆について相談すると、よく薦められます。

原材料は?

原材料の欄をみると、生豆生産国は「コロンビア、ブラジル、グァテマラ、コスタリカ」でした。原産国はアメリカで、輸入者はコストコとなっています。

ちなみに、本家のスタバでは『パイクプレイスロースト』の詳細な生豆生産国を公開していませんが、同じく「コロンビア、ブラジル」が中心だと思われます。

挽き方は中挽きとなっています。

お味は?

コーヒー豆の仕様

  • 生豆原産国 コロンビア、ブラジル、グァテマラ、コスタリカ
  • 状態 粉
  • 参考価格 1,578円
  • 挽き 中挽き
  • 容量 566g
  • 100gあたり価格 約279円

味の傾向

  • 苦味 ★★★★☆
  • コク ★★★☆☆
  • 甘味 ★★★☆☆
  • 香り ★★★☆☆
  • 酸味 ★★★☆☆
  • 総評 ★★★★☆(シアトル系で飲みやすいタイプを探している人に)

飲んでみると、ピリっとした苦味と、後味の甘さが印象的。冷めてくると、ほのかな酸味が顔を出してきます。日本のスタバの店舗で買うものよりも、すこしロースト強めで苦め&甘めかもしれません。クリーンな苦味と酸味で、発酵臭などはなく、むしろ店舗のものよりもクオリティ高いのでは? とすら感じました。

なおスタバとしてはマイルド傾向ですが、ドトールなど国内コーヒーショップのブレンドよりは、かなり炭焼き気味で濃い目です。あくまでスタバらしい味で、シアトルスタイルのコーヒーが好きな方におすすめします。

参考)カークランドシグネチャー『ハウスブレンド』はスタバとのコラボ商品

コストコのPBカークランドシグネチャー製コーヒー豆『ハウスブレンド』。実はこれ、スターバックスコーヒーとのコラボ商品です。

コーヒー豆の仕様

  • 参考価格 1,758円
  • 容量 907g
  • 100gあたり価格 約194円
  • 焙煎 ミディアムロースト
  • 生豆原産国 ペルー

味の傾向

  • 苦味 ★★★★★
  • コク ★★★★★
  • 甘味 ★★☆☆☆
  • 香り ★★★☆☆
  • 酸味 ★★☆☆☆
  • 総評 ★★★★☆(深煎り系好きに)

スタバの『ハウスブレンド』の特徴をうまく再現しており、特徴的なスパイシーな香りを感じられました。ただし、本家よりも苦み・コクが強く、かなり味が濃いめになっています。

*    *    *

mitokでは、コストコで買えるコーヒーとして、ほかにカークランドシグネチャー印の『100%コロンビアコーヒー』も紹介していますが、かなり強い酸味と独特の香りがあって、誰にでもおすすめできるものではありませんでした。それに対し、この『パインプレイスロースト』やスタバとのコラボである『ハウスブレンド』はさすがの高クオリティ。十分におすすめできます!