小田急線の駅で「もじ鉄」が注目しているポイントとは?

もじ鉄、知ってますか? 撮り鉄、乗り鉄、呑み鉄(マイナー?)の鉄です。鉄道にまつわる「文字」に魅せられたひと。ざっくりいうとそんな感じですかね。

もじ鉄のための情報サイト「もじ急行」を運営する石川祐基さんによると、主なターゲットはプラットフォームの駅名標。日ごろ意識せずに見ている人がほとんどだと思いますが、駅名に使われるフォント(書体、写植もある)やデザインって、鉄道会社それぞれの味があるんです。しかも、その味は時代とともに少しずつ変わってきています。とくに最近は、2020年の東京オリンピックに向けて変化が激しいのだとか。新旧が入れ替わる変革期にあるんですね。

そんなディープなもじ鉄ワールドの楽しみ方を石川さんにレクチャーしてもらいました。

第2回は「小田急電鉄の文字」。小田急ユーザーのみなさま、ぜひここでご紹介するポイントを押さえて、駅の文字をチェックしてみてください!

 

POINT 01|高速道路と同じ書体。

和文は “新ゴ”、駅番号は “Frutiger”と、駅名標の書体におけるスタンダードなチョイスでありながらも、欧文は高速道路の緑色の看板でも使われている “Vialog” を使用。二世代前の駅名標は日英の2ヶ国語、一世代前は日英韓の3ヶ国語、そして最新型は日英中韓の4ヶ国語表記へと進化をした。

POINT 02|二世代前の駅名標。

旧・営団地下鉄と同じく、和文に “ゴシック4550” を使用した二世代前の駅名標。扁平のように見える文字の造形は、 “Vialog” が使われた現在の駅名標の “新ゴ” に平体をかけた文字と通じるものがある。

POINT 03|一世代前の駅名標。

“新ゴ” が登場した一世代前の駅名標。欧文は二世代前と同様に “Helvetica” を使用している。自駅の英語と韓国語、隣駅の日本語と多言語表記とを隔てるグレーの縦ラインが、情報の整理に一役。

POINT 04|ホントの厚木は、本厚木!

港区にある品川駅、品川区にある目黒駅と同様に、厚木市ではなく海老名市にある厚木駅の駅名標には住所表記が。かつて地元の人気テレビ番組でも取り上げられた名所だ。

※掲載中の駅名標等は現存しない場合がございます。また、書体は石川祐基氏が調査したものであり、実際と異なる場合がございます。

もじ鉄案内人|石川祐基 グラフィックデザイナー

1987年東京都生まれ。東京工芸大学芸術学部中退。アニメーション・デザイン制作会社を経て、2016年より「もじ鉄のための鉄道と文字のウェブマガジン もじ急行」を制作・運営。2017年にデザイン事務所「デザイン急行株式会社」を設立。おもな仕事に、NHK「キッチン戦隊 クックルン」、新江ノ島水族館「えのしまんず」、アイドルユニット「神宿」ロゴデザインなど。Web・SNSはこちら → もじ急行TwitterInstagram

「もじ急行」が本になります!

このたび「もじ急行」の書籍化が決定しました! 2017年12月19日の発売を目指して鋭意制作中です。書籍オリジナルコンテンツも追加予定ですので、ぜひご期待ください! →Amazon予約はこちら