コストコで買える「大入りドレッシング」ってお得なの? 価格リストを作ってみた

サラダのお供に、ドレッシングは欠かせませんよね。しかし、300ml程度の通常サイズだと、意外とすぐに使い切ってしまいます。お値段もけっこうするので、コスパについては悩みどころ。

しかしコストコなら、ドレッシングも大入りサイズで取り扱っています。そこで気になるのが、一体どんな商品が、どれくらいの量で、おいくらで売られているのか? ということ。

mitokでは、コストコで販売されているドレッシングの価格をリスト化してみました。あくまでも、とある日に1店舗にてチェックしただけの一例ではありますが、参考にしてみてください!

 

コストコで販売しているドレッシングの種類・価格例

※各商品の価格情報は、2017年11月9日(木)時点の某店の店頭価格をもとにしています。商品名はラベル記載の表記に準じています。量の単位はml(ミリリットル)です。

一番右の列は「300mlあたりの価格」となっています。これは、ドレッシングの通常サイズの容量が300ml前後であることが多いので、比較の目安とするためです。いかがでしょうか。使っているドレッシングがありましたら、普段の購入価格と比べてみてください。

たとえば、和風ドレッシングでは定番と言える『ピエトロドレッシング 和風しょうゆ味』。写真左は、スーパーなどで売られている通常サイズ(280ml)です。そして、右側がコストコで販売されている大型サイズ(600ml)となります。通常サイズの購入価格は486円だったので、コストコのほうが圧倒的にコスパがいいですね。

また、コストコ常連に人気があるのが丸和油脂の『和風たまねぎドレッシング』。分離液状タイプで、味は濃いめ。鰹やしいたけのうまみもあり、炒め物などにも使えます。950mlで558円とお値段が手ごろで、一般的なスーパーではあまり見かけないこともあって、よくリピ買いされている商品です。

【オマケ】コストコで販売しているマヨネーズの種類は?

※各商品の価格情報は、2017年11月9日(木)時点の某店の店頭価格をもとにしています。商品名はラベル記載の表記に準じています。量の単位はg(グラム)です。一番右の列は「300gあたりの価格」となっています。

「サラダにかけるのは断然マヨネーズ!」というマヨラーの皆様にはこちら! コストコで販売しているマヨネーズについても調査しました。今回の調査で確認できたマヨネーズは4種類。キユーピー製品が2種類で、どちらも1kgという大容量です。

この中で気になるのが、『プロユースマヨネーズ210』という商品。全卵を使っており、砂糖類が入っているのが特徴です(通常タイプは卵黄を使用し、砂糖類が入っていない)。これにより、酸味が少なめで、マイルドでコクのある味に。マヨネーズとしての自己主張を控えめにして、素材の味を引き出すようになっているんです。Amazonなどでも買えますが、コストコのほうがそれよりも安いお値段になっています。

また、輸入食品好きに人気があるベストフーズ『リアルマヨネーズ』もおトク。他のショップでは430gで500円以上する場合が多いのですが、コストコでは860gを558円で購入できます。

以上、2017年11月時点での、コストコで販売されているドレッシング(とマヨネーズ)の価格まとめでした!