セブンの隠れ良品『バターチキンカレー』は濃厚辛ウマなプチ贅沢テイスト

セブン-イレブンのプライベートブランド食品といえば、冷凍食品のハイクオリティぶりが際立っていますが、探すと常温のレトルト惣菜にも良さげな商品が揃っております。

なかでもおすすめなのが、こちらの『バターチキンカレー』。ちょっと目立ちにくい箱型レトルトカレーですが、お弁当コーナーのカレーにも負けません。濃厚辛旨感とふんわり優しい口当たりが両立した、プチ贅沢な美味しさなんです!

 

セブン-イレブン|バターチキンカレー|257円

おすすめ度 ★★★★☆

セブン-イレブンのレトルト食品コーナーにて販売中。価格は257円(税込)です。

パッケージ裏に記載された辛味順位表によると、辛味ランク4の辛口寄り。販売者はエスビー食品株式会社で、セブン&アイグループとの共同開発商品となるようです。ちなみにカロリーは1食180g当たり、264kcalとなっております。

調理方法ですが、パウチ袋からお皿にあけてラップをして、500Wのレンジで約2分チンするか、パウチのまま熱湯に入れて3~5分ほど湯せんすればOKです。今回は湯せんして、カレー皿に注いでみると……とろみがほどよく、スパイスの香りもかなり立ってきております。

ちょい高いだけはある、ふんわり濃厚レトルト!

一口目の印象はかなりまろやか。クリームとバターの柔らかな甘みが最初に立って、次にトマトのほどよい酸味をふんわりと感じます。意外とマイルド系? と思いながら食べ進めるうちに、深い香りの中からじわじわ効いてきた焙煎香辛料の辛味が来て、いつの間にか舌を心地良くヒリヒリさせてくれている、という塩梅です。

刺激感はなるだけ抑え、トマトの甘酸っぱさをベースにバターでコクを出した、日本人にも親しみやすいタイプのバターチキンカレーですが、後口にはカシューナッツの芳ばしさがじんわり残って、スパイス感もどっしり骨太。優しい口当たりもあって最初は甘口に感じますが、よく味わえば濃厚な辛旨感なんです。セブンPBのレトルトカレーの中ではちょっとお高めの商品ですが、さりげない本格感の出し方は価格以上のクオリティではないかと!

ちなみに形が残った具材は鶏肉オンリーですが、レトルトとしてはしっかり頑張ったボリューム感。セブンは冷蔵品含めて、ルーにメチャこだわる一方で具材のボリュームを絞ったカレーが多い印象ですが、本品はわりとゴロゴロ柔らか鶏肉が詰まっています。バターチキン好きならセブンでも美味しいやつが調達できること、憶えておいて損ナシですよ!