ハーゲンダッツの新レギュラー『クリスプチップチョコ』はパリパリ食感がいいぞ〜

外が寒くなればなるほど、暖かい部屋で食べるアイスがおいしい。そんな季節にハーゲンダッツが新たな“定番商品”を送り込んできました。それが『クリスプチップチョコレート』です。

なめらかなミルクチョコレートアイスクリームに、パリパリ食感のビターチョコレートチップが入っており、まずはその口溶けの違いが楽しい。甘くて苦くてコク深い味わいは、安定感のある仕上がりです。「あーなんかおいしいチョコアイスが食べたいな~」ってときの有力な選択肢になりますよ。

『クリスプチップチョコレート』の発売は2017年12月5日(火)からですが、一足お先に試食する機会がありましたので、その食レポをお届けしましょう!

 

ハーゲンダッツ|クリスプチップチョコレート|234円

こちらがハーゲンダッツの新作『クリスプチップチョコレート』です。お値段はおひとつ294円(税込)。

ハーゲンダッツの新作といえば、「期間限定」で展開することが多いのですが、本品にはその文字がありません。そう、実はこの『クリスプチップチョコレート』、通年販売を行う基幹商品として開発されたものなんです。それだけに、いつ食べても飽きのこない、定番感のある味が求められているわけですね。

ちなみに、基幹商品とされるミニカップアイスは、これまで『バニラ』『ストロベリー』『グリーンティー』『クッキー&クリーム』『マカデミアナッツ』の5種類でした。ここに『クリスプチップチョコレート』が加わったわけです。

まろやかなミルクチョコ味に、ビターな深みを与えるチョコチップ

ベルギー産のミルクチョコレートを使用したアイスクリーム。その色合いは、意外に明るめですね~。このアイスにミルクの濃厚さが感じられるのは、ハーゲンダッツならではでしょう。そこにチョコの優しい甘さとコクが加わっています。

スプーンでザクッとすくうと、チョコチップがちらほら見えていますね。やや大きめでパリパリとした食感があり、口の中に入れたときに存在感アリ! まずミルクチョコレートがさらっと溶けていき、チョコチップが後を追ってじわっと溶けて行くのがわかります。その際に、ビターな味わいが立ち上がってきて、甘いミルクチョコと混ざり合い、後味を良くしてくれるんです。

本品は、2種類のチョコレートを使用しており、そのテイストの違いや食感の違いを楽しめるおかげで、飽きが来にくい仕上がりになっています。『バニラ』や『グリーンティー』といった強力な定番アイスに負けない、安定感のある一品と言えそうですよ!

*    *    *

以上、ハーゲンダッツの新基幹商品『クリスプチップチョコレート』の食レポをお届けしました。本品は2017年12月5日(火)より全国のスーパー、コンビニなどで販売が開始されますので、見かけたらぜひ一度試してみてください!