お餅トラブルを避ける方法と応急処置のやり方

正月といえばお雑煮などのお餅料理。ですが、お餅にまつわる事故も発生しがちです。やはり多いのは、喉に詰まらせるケースですが、意外な部分が詰まってしまう場合も……。いざという時にどうすればいいのか、知っておきたいですよね。

そこで今回は、お餅によるトラブルとリスク回避方法、さらには応急処置について、東京目黒区にある五本木クリニック五本木クリニック 美容皮膚科の院長・桑満おさむ先生に解説していただきました!

アドバイザー|桑満おさむ

横浜市立大学医学部、1986年卒。横浜市立大学医学部病院 泌尿器科に勤務後、1997年に五本木クリニックを東京都目黒区に開院(泌尿器科・皮膚科・内科・形成外科、美容皮膚科・美容外科)。医療に従事する傍ら、ブログを通じて医療にまつわる疑問やウワサを検証した情報も精力的に発信している。

お餅の事故は1月が圧倒的に多い

毎年お正月になると、お餅を喉に詰まらせて亡くなる事故が報道されます。上記のグラフは、東京消防庁が公表している、過去5年間に餅を喉につまらせて救急搬送された人の数。圧倒的に1月が多いことがわかるでしょう。

また、同サイトを見ると、65歳以上の年代に多く発生していることも確認できます。お年寄りがお雑煮などを食べるときは、なるべくお餅は小さく切って、丸呑みしないように注意することが必要です。

喉にお餅が詰まった場合の応急処置

喉にお餅が詰まった場合の応急処置として、ネット上にはいろいろな情報が書かれています。ですが、まずは東京消防庁の推奨する背部叩打法を試してみるべきでしょう。

背部叩打法

  1. 食べ物を詰まらせた人(以下「傷病者」といいます。)が立っているか座っている場合は、やや後方から片手で傷病者の胸もしくは下あごを支えて、うつむかせます。傷病者が倒れている場合は、傷病者を手前に引き起こして横向きにし、自分の足で傷病者の胸を支えます。片手で傷病者の顔を支えます。
  2. もう片方の手のひらの付け根で、傷病者の肩甲骨と肩甲骨の間を強く4~5回、迅速に叩きます。
  3. 異物が取れるか、反応がなくなるまで続けます。

ネットなどでは「ハイムリック法」(腹部突き上げ法)をよく見かけますが、これを実践するにはかなりのコツが必要。また、胃の内容物まで逆流して誤嚥性肺炎を起こす可能性も否定できません。そして、小さな子供にハイムリック法を施すテクニックは、一般の方はお持ちではないはずです。

ほかにも、ネットでは「掃除機で吸い出す」「長ネギで押し込む」……なんて方法も紹介されているようです。が、まず試してみるべきは背部叩打法であり、それで効果がない場合は救急車を呼んだほうがよいでしょう。

詰まるのは喉だけじゃない? お餅で腸閉塞が起きた症例も!

ところで、お餅は腸閉塞(イレウス)の原因にもなるってご存知でしたか? もし安全無事に喉を通過できたとしても、腸で悪さをしてしまう場合があるんです。論文「Rice cake ileus–a rare and ethnic but important disease status in east-southern Asia.」(Intern Med. 2011;50(22):2737-9.)は、新潟県の長岡赤十字病院にて2003年4月から2010年10月までの間に発生した「お餅による腸閉塞」の14例を取り上げたもの。このうち、57.1パーセントは1月に担ぎ込まれた症例です。食べたお餅の数は2個と3個がともに4例で、中には5個というお餅好きな方もいらっしゃいました。

上は、お餅が腸に詰まっている状態のCT画像。この症例の方々は「お餅をよく噛まないで飲み込んじゃった」と申告しています。「お餅による腸閉塞」の症状は、腹痛・悪心・嘔吐が主。お正月中にお餅を食べたお年寄りが「お腹が痛い」と言ったら、「食べ過ぎなんじゃない」などとと安易に考えない方がよろしいようです。

ちなみに、この論文の14例に限って言えば、全員が回復しており、外科的な治療も必要ありませんでした。とはいえ、そもそも丸呑みしないでよく噛んで食べれば、少なくともこの「お餅による腸閉塞」のリスクを回避できるのは明らかです。みなさんも、くれぐれもお気をつけくださいね。

お餅のトラブルを避けるために

最後に、お餅による事故を防ぐためのポイントをまとめておきます。事故のない楽しい正月をお過ごしください。

  • お餅はなるべく小さく切る
  • 丸呑みせずに、よく噛んでから飲み込む
  • お年寄りや乳幼児と食事をする場合は注意を払う
  • 応急手当の方法(背部叩打法)を把握しておく

〈参考リンク〉
東京消防庁「年末・年始の救急事故をなくそう 餅による窒息事故に注意」

※本コラムは「五本木クリニック院長ブログ」より一部を転載し、加筆したものです。