ファミマの鍋焼きうどん7品、満足度が高いのはどれ?

寒い季節には特に嬉しいアツアツの鍋焼きうどん。コンビニ・スーパーではアルミ鍋タイプの商品が広く販売されています。コンビニですと最近、ファミリーマートのプライベートブランドで妙に鍋焼きが充実してまして……関東の店舗で購入できた商品は、なんと7種類!

コンビニの冷凍鍋焼きうどんってそれなりのお値段がしますし、これだけ種類があるとどれを選んでいいやら……ということで今回は、ファミリーマートの冷凍鍋焼きうどん7種類を食べ比べ。編集部で徹底会議して、ベスト鍋焼きを選出してみました!

①彩り具材ともっちり麺の鍋焼うどん|455円|600g

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

北陸、関西、中国・四国、九州、沖縄県以外の店舗で販売中。だしは昆布、宗田鰹、イワシ、さばの削り節をあわせたもので、わりとあっさり系の味わいですね。具材はほうれん草、ねぎ、玉子焼き、味付け鶏肉、鶏つくね、ボイルえび、椎茸、かまぼこ、油揚げ、お麩の10種類! 具材の種類と彩りの良さはバッチリではないかと。

スタッフA

ほどよく魚介が効いた良いバランスのおだしですが、魚介の旨みで比べると後述の『こだわり具材のちゃんぽん』に軍配が上がるかも。セブンの『風味豊かな鍋焼うどん』が440円、ローソンの『鍋焼うどん』が430円なので、特に際立ったコスパ感もなし。オーソドックスで無難に美味しいですが、ファミマの中なら他の商品のほうがおすすめかな?

②国産野菜とこだわり具材のちゃんぽん|498円|612g

おすすめ度 ★★★★☆

スタッフB

全国のファミリーマートで販売中。1/2日分の量が取れるという国産野菜のボリュームと、エビやイカなどの海鮮具材が魅力的なちゃんぽんです。もやし、玉ねぎ、キャベツ、人参、コーン、ねぎ、生姜、かまぼこ、豚肉、イカ、エビの11種類ですね。具材の種類もプリッとした麺の食感もいい感じです。

スタッフA

他社製品と比較すると、ローソン『コク旨仕立てのちゃんぽん』(430円)のほうがコスパは高め。ローソンより細麺寄りで、キャベツ・もやしのボリュームもちょっぴり落ちる印象ですが、あさりっぽい魚介のコクが強いまったりクリーミィなスープの完成度はなかなか! 安心して買ってOKな美味しいちゃんぽんだと思います。

③八丁味噌香る みそ煮込みうどん|498円|578g

おすすめ度 ★★★★★

スタッフB

北陸、関西、中国・四国、九州、沖縄県以外のファミリーマートで販売中。本場の八丁味噌をブレンドしたという煮込みうどんです。かつおだし、さば削り節、いわし削り節、むろあじ削り節、昆布などを使用し、わりと本格感のあるお出汁! 麺もしっかり硬めで、ご当地感をしっかり再現した特徴的な一杯かも。

スタッフA

コンビニ鍋焼き全体の中でも断トツでコシが強い麺に、濃厚ながらもクドさのない味噌の味わいがよく絡み、具材の白菜、ネギ、鶏肉、油揚げにまでばっちり味が染みてます! ちゃんぽんも同様ですが、卵を落として一緒に煮込むと更に美味しそうですね。これはかなりアリかも……!

④深い味わいの牛肉カレーうどん|523円|630g

おすすめ度 ★★★★☆

スタッフB

全国のファミリーマートで販売中。牛肉、玉ねぎ、ねぎ、刻みあげをトッピングしたカレーうどんです。わりと牛肉が嬉しく感じられるボリュームでたっぷり入っており、500円オーバーでも納得できるレベル。スープはかつおだしもスパイス感も強めで、かなりパンチが効いてますね。

スタッフA

また他社製品と比較しますと、ローソンの『カレーうどん』(485円)よりも麺のコシは弱めですが、お肉の量は同じぐらい。スパイシーなカレーテイストがグンと強めで、味付けが派手すぎてちょっとチープに感じられるほどですが、とろみ強めでふんわりした口当たりも良いし、十分にハイクオリティな一杯です!

⑤牛すき焼き鍋(うどん入り)|540円|508g

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

2017年10月31日から数量限定で全国のファミリーマートにて販売中です。丸大豆醤油と昆布でまとめたつゆにたっぷりの牛肉が入り、白菜、ねぎ、人参もプラス。鍋がメインでうどんはオマケみたいな表記ですが、具材のボリュームは他の鍋焼きうどんよりもちょっと多い程度で、鍋と言えるほどのものではないような……。

スタッフA

内容量508g(めん150g)で、麺のボリュームは他より少なめ。牛肉の量はバッチリですが、他の野菜はそこそこでしんなりしてるし、全体としては「麺が少ない甘めの牛肉うどん」的な印象に……。スープも牛肉も濃厚で美味しいのですが、王道すぎる甘辛感で、これといった特徴は見つからないかな?

⑥とんこつ醤油ラーメン|475円|495g

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

一応同じ鍋焼き風冷凍麺類としてチョイスしたこちらは、2017年10月17日から数量限定で全国のファミリーマートにて販売中。豚骨ベースのスープに、別添パックに入ったたまり醤油のタレを追加して煮込むタイプの商品です。トッピングは焼豚、味付けメンマ、ねぎ、かまぼこですね。

スタッフA

麺はやや細めですが、トロリとしてパンチが強い豚骨醤油スープは家系ラーメンに寄せたバランス。味付け自体は濃厚だけどいまいちコクを感じられず、コンビニ冷蔵コーナーの普通のラーメンに比べても、価格的にもクオリティ的にも特に際立ったポイントは見つからないかも。麺は生麺風で美味しいですが、煮込みすぎるとコシがなくなるので要注意!

⑦水餃子入り チゲうどん|498円|601g

おすすめ度 ★★★★★

スタッフB

沖縄県以外のファミリーマートで販売中の一杯。味噌をベースに豆板醤、コチュジャン、魚醤などを加えた濃厚なチゲスープのおうどんです。具材は白菜、ニラ、ネギ、餃子、厚揚げ、鶏つくね、椎茸、唐辛子などでわりと種類豊富! 麺ももっちり食感で、食べ応え的には上位に入るかも。

スタッフA

水餃子入りを強調した商品名どおり、もちっと厚めでぎゅっと餡の詰まった水餃子も高クオリティ。他社製品で言うとローソンの『チゲ鍋 うどん入り』(538円)に入ってた餃子はちょい残念だったので、ここは嬉しいポイントです。スープはややトッポギを思わせるような韓国風の甘辛感で、激辛系ほど刺激がキツすぎず、好みを選ばない美味しさに仕上がっていると思います!

結論:本場感あふれる『みそ煮込みうどん』は一食の価値アリ!

スタッフA

編集部で人気アンケートを取ったところ、1位は③『八丁味噌香る みそ煮込みうどん』、2位は⑦『水餃子入り チゲうどん』、3位は④『深い味わいの牛肉カレーうどん』という結果に。『みそ煮込みうどん』は八丁味噌特有の味わいがしっかりと感じられる、本場感バッチリの仕上がりが人気を集めました。ファミマで冷凍鍋焼うどんを買う時、参考にしていただければ幸いです!