梅干しのタネを簡単にとる方法

伝統的な日本食のひとつで、おにぎりやお弁当にも定番の梅干し。日常的にお料理に使う人も多いかと思いますが、地味~に梅干しの種を邪魔に感じることも多いのでは?

ということで今回は、梅干しの種を簡単に取り除く方法をご紹介。わりと試している方もいそうな単純な手段なのですが、食事中に種を処理するのが面倒な時、梅肉だけを使いたい時、覚えておくと便利ですよ!

 

梅干しをラップに包んで揉むだけ!

用意するものは梅干しとラップだけ。ちなみにカリカリ系の梅にはこの方法は使えませんので、ご注意を。

まずは梅干し1個を包める程度に、短くラップを切り取りましょう。こんな感じで、しっかりとラップで梅干しを包んだら……

ラップの上から梅干しを指でグニュッと揉み、梅から種を押し出すだけ! 手を汚さずに一瞬でおしまいです。あとは使う分だけ梅肉をお皿などに移し、使わない分はラップに包んでそのまま冷蔵庫へ。種は捨てちゃってOKですね。

ちなみにお料理用に梅肉を細かくしたい場合、ラップの上からトントンと叩くようにして包丁を入れると、まな板も包丁も汚さずに済みますよ。一石二鳥で便利なので、ぜひお試しを!